2007年03月

2007年03月15日

GSE(グレープフルーツ種子エキス)

手作り化粧水でGSE(グレープフルーツ種子エキス)というものが、
もう5年以上前から防腐剤として販売されています。

残念なことにこの成分の信頼できる抗菌性データはありません。

生薬エキスと混ぜても沈殿を起こしたり、
増粘剤に使用するキサンタンガムでも白くにごることがあります。

通常、抗菌剤というのは、細菌、カビ、酵母にどのくらいの量で
どの程度効くかというデータがあります。

細菌の種類によっても効いたり効かなかったりして、
なんにでも効く防腐剤というのは、なかなかないのです。

GSEは海外産というのが一般的な認識だと思いますが、
少なくとも4年ぐらい前から日本産のGSEというものが存在しています。
(私が手洗い洗剤の処方を研究していたときに日本産GSEと植物エキスを
 組み合わせた抗菌剤のサンプルとして入手しています)

一部のメーカーで化粧品や食品へと採用に至ったようです。

日本産のものもそれなりに抗菌力は期待できるものですが、
面白いことに生薬エキスなどと混ぜても沈殿は起きません。
(ただし、単独では抗菌力が不足していて他の防腐剤の併用が必要です。)

GSEが日本の化粧品業界に紹介されとき問題となったのは、塩化ベンゼトニウム
という陽イオン界面活性剤が混ぜられていたこと、残留農薬もあったことだと
言われています。

おそらく抗菌性を保証するために陽イオン界面活性剤を混ぜられていたというのは
信憑性があるなと考えていますが、これが混ざっていると抗菌力はありますが、
生薬エキスやヒアルロン酸、キサンタンガムなど水に溶けると
マイナスになる成分とくっついて、沈殿物が析出します。
(ちなみに塩化ベンゼトニウムを混ぜたスペイン産GSEは未だに海外で
 発見されて問題になっているようです。オーガニックを標榜する悪徳業者が
 多すぎるということでしょうか。
  http://ec.europa.eu/food/food/rapidalert/reports/week04-2007_en.pdf)

ただ、抗菌力の保証に陽イオン界面活性剤を入れても
耐性菌はすぐに出現してきます。

全く困った話ですが、トイレなどに置かれている殺菌効果の逆性石鹸が
高い確率で菌汚染されていたという情報もあります。

きっちりとしたデータがない以上、GSEを手作り化粧品の防腐剤に
使用するのはあまりお勧めではないと思います。

shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(0) 化粧品原料 

2007年03月13日

トリエタノールアミンというもの 3

泡質を改善しようとすると、トリエタノールアミンで中和する手もあります。
ただ、刺激性についてはどうなるでしょうか?

肌に刺激性が低いといわれる界面活性剤にアシルグルタミン酸というものがあります。
N-アシルーL-グルタミン酸ナトリウム、ヤシ脂肪酸グルタミン酸Na、
パーム脂肪酸グルタミン酸Na、ラウリン酸グルタミン酸Naなどが
代表的ですが、○○グルタミン酸○○という形で表示されています。

アミノ酸型タイプということで、低刺激性が売り物ですが、
このアシルグルタミン酸のナトリウム塩とTEAのパッチテストでは、
TEA塩の方が刺激性は格段に低くなります。

皮膚病患者を対象としてパッチテストを行った結果ですので、
健常人に比べて刺激を感じやすくなっていることにご注意ください。
(特に肌荒れなど無ければ、刺激は両方とも感じないと思います)

フレグランスジャーナル2001年9月号P14より抜粋
AGS刺激






AGS石鹸(ナトリウムタイプ)を1%、AGS(TEAタイプ)を0.9%で
パッチテストを行った結果です。
一般に低刺激性といわれるアミノ酸界面活性剤であっても、
皮膚刺激性は中和剤をナトリウムからTEAに変更することで、半分以下に
なっていることがわかります。

TEAはニトロソ化合物を含む場合があるから危険ということ言われています。
ただ、ニトロソ化合物による発がん性の確立はおそらく日光の発がん性より
ずっと低いものと思われます。

もちろん、たとえわずかでも発がん性があるとの疑いのある成分は
いけないという考えかたもあります。

ただ、毎日使う上での安全性は、皮膚刺激や繰り返し使うことによる
遅延型の刺激などが重要になってくるでしょう。

そういう意味では、たとえば100人の方が使って、
刺激を感じる人の割合を減らすには、TEA中和のものを使う企業が
あるのも当然だと思いませんか?

安全性の何を基準にするかで、TEAを合成界面活性剤や石鹸の中和剤に
採用するかどうかが変わってきます。

単純にTEAで中和したものが発がん性があって、
刺激も強かったら簡単だったんですが、そうではないので・・・(^^;;

shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(4) 界面活性剤 

2007年03月12日

トリエタノールアミンというもの 2

トリエタノールアミンで中和したものは低温でも水によく溶けると書きましたが、
これは石鹸でも合成界面活性剤でも同じとなります。

また、泡の感触もクリーミーになるため、
たとえば無駄毛やひげそりに使うクリームでも泡の粘りと
弾力があるトリエタノールアミン石鹸を中心として配合されているものは多いです。

ボディーソープにもラウリン酸TEAなどのトリエタノールアミン(TEA)石鹸を
中心に処方を組み立てられているものも多いです。

固形のTEA石鹸ではコラージュ石鹸が有名です。
敏感肌向けとして皮膚科や薬局で販売されている石鹸です。
アルカリ性がソーダ中和やカリ中和より低いので、アルカリに弱い人に
向いている石鹸です。

コラージュM石鹸の成分です。
TEA、ステアリン酸TEA、牛脂脂肪酸Na、グリセリン、水、ヤシ脂肪酸Na、
ヒマシ脂肪酸Na、牛脂脂肪酸TEA、コカミドDEA、
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、オレイン酸TEA、ヤシ脂肪酸TEA、
ヒマシ脂肪酸TEA、トコフェロール

固形にするためには、硬くする必要があるため、
ステアリン酸を中心とする脂肪酸組成にする必要があります。
そのため、この石鹸ではステアリン酸TEAと牛脂脂肪酸Naを中心に配合を
組み立てています。(溶けやすいとすぐ石鹸が小さくなっていくデメリットが
あります)

ちなみにこれに配合されているヒマシ脂肪酸Naやヒマシ脂肪酸TEAは
洗浄力はほとんど期待できないものですが、石鹸の透明性をあげるために
配合されます。



shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(0) 界面活性剤 

2007年03月11日

トリエタノールアミンというもの 1

トリエタノールアミンというのは、自然派の方ならしっているかもしれません。
毒性が強いとか色々化粧品の害を指摘する本には書いてあるようようです。

しかし、それは本当なんでしょうか?

トリエタノールアミンを使う側から見た意見というのは、
ネット上ではないと思いますので、ちょっと豆知識として引き出しに
しまっておいてくださいな。

トリエタノールアミンは比較的アルカリ性が強くないアルカリ剤です。

アルカリなので、何使うかというと、一番の目的は酸の中和です。

アンモニアにエチレンオキサイドというガスを吹き込んで製造します。
製造コストが掛かるので、同じ苛性ソーダや苛性カリに比べると
5倍〜1.5倍くらいの値段です(1キロ当たり)

使う分野は限られていて、主に洗浄用として使う商品に使われています。
たとえば、石鹸の中和剤や合成界面活性剤の中和剤です。

トリエタノールアミンを使うメリットは何があるかというと、
一番は石鹸や合成界面活性剤の水溶性が高まることです。

石鹸など固形石鹸は水に溶けづらく、そのため湿度の高い浴室に
裸のまま置いておいても石鹸が溶けてなくなるということはありません。
溶けにくいから出来る技で、苛性カリで中和した石鹸だと
水に溶けやすいため、液状となりポンプ容器に詰める必要がでてきます。

界面活性剤の評価でどれだけ低い温度で水に溶けるかという
試験項目があります。水に溶け出す温度が高いと、冷たい水には
溶けないので、使いづらくて仕方ありません。

石鹸を作るときにこのトリエタノールアミンを中和剤として使用すると、
水への溶解性が非常に高まって、低温でも水によく溶ける石鹸となります。

低温で溶けないと東北地方や北海道など、寒い地域ではとても使いづらいものと
なりますよね?そういう点を克服するのには中和剤を変えるというのは
大きなメリットがあります。

また、苛性ソーダで作った石鹸に比べて泡質もキメの細かいクリーミーな
粘りのある泡になります。苛性ソーダで石鹸を作ると脂肪酸によっては
荒っぽく大きな泡になりがちですが、同じ脂肪酸でも中和剤によって
泡立ちも変わってきます。


shin_chanz at 12:28|PermalinkComments(0) 界面活性剤 

2007年03月10日

風邪気味です・・

今週の月曜日から咳き込んでいて、そのうち治るかなと思っていたら
どんどんひどくなって、おかげで昨日の夜はほとんど眠れませんでした。

注射を打ってもらったらだいぶ楽になりましたが、
昔から他の人が風邪をひく季節には大丈夫で、暖かくなる3月で
いつも苦しむのはなんでだろうかと思います。

嫁さんが今月末に出産を控えているので、
絶対に風邪になってはいけないと思って、
ずーと用心していたのに・・(^^;;

ただ、2年前風邪を引いたときは、ベットから起き上がれないくらい
脱力感と関節痛で苦しみましたが、今年はそこまでもなくだいぶ楽です。

子供の頃と違って、なかなか風邪は治りにくくなっているし、
免疫力が落ちつつあるというのは、実感しています。

病院でもらう風邪薬は熱なら解熱剤、セキなら鎮咳剤(咳止め)と
対処療法中心でウィルスを直接なんとかするような薬は
最近処方されるようになったタフミルぐらいです。

ただ、漢方薬の分野では、古くから使われている葛根湯が
免疫細胞の活力を向上させ、ウィルスへの攻撃力を高めるようです。

実際に葛根湯を飲んでみると、なんとなく風邪の症状が軽くなったような
気がして、自分にはよく効くようです。

ちょっと前からは一日の食事も野菜だけでなく、フルーツを
とるように推奨されていますが、フルーツには免疫細胞の働きを
活発化させる成分が含まれているようです。

ビタミンだけではなく、こういったビタミン以外の体をサポートする
働きが重要のようで、ビタミン剤を飲めば健康を維持できると考えるのは、
良くないとする声も大きくなりつつあります。

確かバナナにはこの免疫細胞を活発化する成分が他の果実より多く
含まれているようです。
バナナはポリフェノールも多いし、カロリーさえ高くなければ
かなり優秀なフルーツなんですが・・(笑)

太りにくい体質の方には、バナナはお勧めのフルーツです。
安いし、カロリーもあって、免疫も強化してくれるし、
何より皮を剥く手間がかからず、食べやすいというのが、大きなメリットですね。


shin_chanz at 11:42|PermalinkComments(2) プライベート 

2007年03月08日

セラミドというもの 6(セラミド健康食品)

セラミドは脂肪酸とアミノ酸から合成されていきます。

興味深いことにセラミドは細胞に死を与えることもあります。
細胞を自殺させる原因となるのですが、この部分についてはまだまだ未解明な
ことが多く、今後の研究の発展を見守っているところです。

さて、セラミドを合成する酵素は植物から下等動物まで普遍的に存在しています。

セラミドは水にも油にも溶けませんが、セラミドに糖をくっつけることで
セラミドの水への溶けやすさを改善したものがあります。

スフィンゴ糖脂質といいますが、この成分自体は植物多く存在しています。

セラミドは細胞を自殺させる原因となるため、糖をくっつけることで
高度に細胞の生まれ変わりを制御しているのかもしれません。

スフィンゴ糖脂質は、広い意味でセラミドに糖がくっついたもののことですが、
グルコースがくっつけばグルコシルセラミド、ガラクトースの場合は、
ガラクトシルセラミドとなります。

このくっつく糖は1つだけの場合もありますし、いくつも糖が連なることが
あります。糖が1つだけの場合は、セブロシドと呼ぶこともあります。

さて、このスフィンゴ糖脂質ですが、化粧品にも健康食品にもよく使われます。

大抵の場合、「セラミド」と表示されて販売されています。

もちろん、セラミドとは糖がついている分、違うといえば違いますが、
健康食品の場合、摂取したあと消化液に溶けないと
吸収率はかなり悪くなると考えられますよね?

腸壁からの吸収率の点から考えますと、水にも油にも溶けないセラミドより
スフィンゴ糖脂質の方が有利であることは明らかです。

スフィンゴ糖脂質は米、小麦、ユズ、コンニャク、大豆などから
抽出されて、「セラミド」として商品化されています。

恐らく、セラミドと表示されていながら本当のセラミドが配合されている
健康食品はあまりないでしょうね・・(^^;;

shin_chanz at 00:02|PermalinkComments(0) 高機能健康食品 

2007年03月07日

セラミドというもの 5

髪の毛の強度を回復させるには、どの程度のセラミドを
シャンプーに配合すればよいのでしょうか。

擬似セラミド(ディープトリートメントオイル)の場合だと、
0.5%程度の配合で髪の毛の強度がある程度まで回復することがわかっています。

シャンプーや石鹸などで洗髪されている方も多いかと思いますが、
パーマや色を抜かれたりしている場合は、修復成分が入っていないもので
髪を洗っていると、セラミドは流出する一方なので、
髪の毛はどんどん弱まっていきます。

肌の場合は、セラミドが少なくなっても、肌自身で補うことが可能ですが、
髪の毛は死んだ組織なので、「どれだけ髪の毛にある成分を流出させないか」
ということが、重要となってきます。

水分が少なくなると、髪の毛は広がりやすくなるので、
せっかく時間をかけてセットをしても髪型は崩れやすくなりますし、
また冬場なら静電気も発生しやすくなります。

石鹸を自作されている場合でも擬似セラミドを配合すれば
必要以上にセラミドをとらない高級石鹸へと進化させることができます。

自分だけの「特別な石鹸」というのもよいかもしれません。

ただ、石鹸に配合する場合は、ケン化が終了した後、
すりがねで石鹸をすりおろして粉状にしたあと、
50%エタノールに溶かして、そこへ石鹸の重量の数パーセント程度
擬似セラミドを配合するという形になります。

石鹸を作るときに油脂と一緒に仕込むと擬似セラミドは分解します。
そのため、透明石鹸を作る手順で、ケン化終了後の石鹸に配合する
手順を踏む必要があります。

このとき、数パーセント以上配合すると、石鹸の泡立ちが悪くなるので、
効果を期待して入れすぎないよう、注意してください。

擬似セラミドはこちらがお勧めです。
ディープトリートメントオイル




shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(0) 化粧品原料 

2007年03月05日

セラミドというもの 4

髪の毛の修復にもセラミドは有効です。

髪の毛に含まれるセラミドはセラミド2がほとんどを占めていて
水分をため込み柔軟性を保つのに大きな役割をになっています。

そのため、乾燥肌のケアと同じように髪の毛のケアについても
セラミドは効果を発揮します。

ところでセラミドが必要な髪の毛というのは、
どういうものだと思われますか?

シャンプーやリンスをだけで、短い髪ならセラミドで
トリートメントしてもあんまり効果はわかりません。

それは短い髪だと傷む前にカットしてしまうためで、
それほど問題にはなりません。

パーマや毛染め、脱色をしていなくても髪が長いと
毛先が痛んでいることが多いので、セラミドのケアは有効です。

特にケアが必要なのはパーマや脱色などの場合です。
毛染めも永久染毛している場合は、髪の毛がかなり痛みます。

これらの処理は、髪の表面を傷つけるため、
髪の中に封じ込まれているセラミドやアミノ酸が流出しやすくなり、
健康毛より強度がかなり落ちている状態です。

そういう髪の毛にセラミドでケアしてやることで、
健康毛までは回復しませんが、ある程度まで髪の強度が回復しやすくなります。

shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(0) 化粧品原料 

2007年03月04日

なんだかぽかぽかしてきましたね

3月上旬とは思えない陽気。今日は20度を越えるとか。

昨年末からほとんど雪が降らなかったし、地球温暖化を実感しています。

以前は2月だと道路が凍結して、ミニバイクで駅まで4キロの距離を
恐る恐る運転していました。

何せ丘を二つ越えていかないと駅に着かないので、
凍結した道路をゆっくりとすべらないように登っていくだけで、
神経をすり減らしてしまいます。

あまりにも雪がひどいときには、真剣にウイークリーマンションを借りて
冬の間だけ大阪市内に住もうかと思ったほどです。

大学を卒業して会社勤めを始めた5年ほどは、雪がひどかったのですが、
だんだんと道路が凍結することもなくなり、いまでは1年に数日ほどまで、
減っています。

小学校に登校するときは、水溜りの上に張った薄氷を割って
歩いていましたが、今の子供たちはそういう経験は少なくなっているのでしょうね。

雪が校庭に積もると1時限目は雪合戦などもありましたが、
今となってはなかなかないだろうし、懐かしい思い出となっています。

それにしても3月で気温が21度まで上がるとは。

縁側があれば、ポカポカして気持ちよく昼寝できるんだろうなと
思うこの頃です・・(笑)


shin_chanz at 13:15|PermalinkComments(2) プライベート 

2007年03月03日

セラミドと合成界面活性剤

セラミドの働きは、バリア能力を発揮することですが、
どういったものから作られるかご存知でしょうか?

皆さんは食事でいろんなものを食べられていることだと思います。
集約すると糖分、油、アミノ酸でしょうか。

人間の体の成分は、たいていの成分がこの3種類の栄養素から
合成されていきますが、セラミドはこのうち油とアミノ酸が原料となります。

細かく言うとパルミチン酸とセリンというアミノ酸が原料となります。

そういえば、いつぞやアミノ酸型界面活性剤というものを
勉強していただきましたが、それはまさに脂肪酸とアミノ酸がくっついたものです。

合成界面活性剤を作る場合は、脂肪酸とアミノ酸を反応させるために
脂肪酸を加工する必要性を述べましたが、
人間の皮膚ではこの脂肪酸とアミノ酸を簡単にくっつける酵素が存在して
セラミドを合成しているわけです。

まあ、合成界面活性剤の場合は、アミノ酸に脂肪酸は1つですが、
セラミドはアミノ酸に脂肪酸が2つくっついたものです。

人間の皮膚に脂肪酸とアミノ酸をくっつける酵素があるということを
聞くと驚かれる方も多いかと思いますが、この酵素の活性が弱くなると
セラミドが作られにくくなるので、刺激に弱い肌になってしまいます。

セラミドは水には溶けずあわ立つわけでもないので、
シャンプーや洗顔料に配合されるアミノ酸型界面活性剤とは違いますが、
くっつくアミノ酸と脂肪酸を変えることでセラミドのようなものを
作ることが可能となります。

shin_chanz at 10:41|PermalinkComments(2) 化粧品原料