2007年06月

2007年06月30日

においと一酸化炭素

においを示す物質というのは、化学反応性に富むと書きました。

嗅覚の仕組みは嗅覚を感じる部分(嗅小胞、嗅線毛)の外側がプラス、内側がマイナスとなっています。
なにかの物質がこの嗅覚を感じる部分に衝突すると、外側のプラスと内側のマイナス
の部分に電気的な歪みが生じます。
そうすると神経に電流が流れ、脳に情報が伝わるという仕組みとなっています。

においを嗅ぐと、瞬時に鼻というセンサーが電気的な信号に変えて
脳に伝えるのですから、見事な仕組みとなっています。

ただ、においを感じるには、鼻のセンサーで電気的な信号に変えれるものだけしか
わかりません。

一酸化炭素は人間が火を使い出し時から、身近にある毒ガスです。
酸素が十分にあるときは、ものが燃えても炭素は2酸化炭素となって害は
少ないですが、酸素が足りないと一酸化炭素となり、強い有毒ガスとなります。

練炭での自殺も一酸化炭素によるものですが、
有毒なものを嗅ぎ分けれる鼻もこの一酸化炭素には無力です。
これは嗅覚の仕組みでは、残念なことに感知できないからです。

もし、一酸化炭素が強烈なニオイに感じられるなら、
練炭自殺もだいぶ減るのではないかと思います。

一酸化炭素による毒性は血液のヘモグロビンとくっつきやすく
離れにくいという点にあります。
ヘモグロビンは酸素を運搬するのに必要なものですが、
それが一酸化炭素とくっついてしまうので、酸素を運ぶことができず
酸欠となって死に至らしめます。

ヘモグロビンとくっつきやすいのは食品添加物に使われる亜硝酸塩も
ありますが、それよりはるかにくっつきやすいのが特徴です。

なお、亜硝酸塩は肉の色を綺麗に見せる効果がありますが、
一酸化炭素も同じような効果があります。
(食品添加物としては使用禁止となっています)


shin_chanz at 13:49|PermalinkComments(0)香の科学 

2007年06月28日

精油の効果

アロマテラピーは大変なブームで、色々と報告があります。

個人的に興味があるのは、睡眠に関すること。

子供の頃から睡眠の質の低下には、困っていて数万円もする
睡眠導入器をお年玉で買ったことも・・(笑)
(イオン導入器のようなもので、頭に微弱電流を流して眠気を誘います)

クラシック音を聞いてもなかなか寝付けないし・・、
アロマではどうかなとやってみたんですが、
なかなかそう上手くはいきません(笑)

ただ、アロマが睡眠を誘ったり、その逆の覚醒作用があったりというのは、
有名な話です。
そこで以下の代表的な研究を紹介します。


各種精油及び香料の覚醒と鎮静効果を分けたものです。
シトラス系の精油は沈静作用を示し、フローラル系のジャスミンや
ローズは覚醒作用があり、ラベンダーは鎮静作用があります。

覚醒作用を示した精油は
Basil oil,Black pepper,Cassia oil,Clove oil,Jasmine abs,
Neroli oil,Peppermint oil,Rose oil,Ylang-Ylang oil

沈静作用を示した精油は
Bergamot oil,Caraway oil,Ginger oil,Lavender oil,Lemon oil,
Marjoram oil,Olibanum oil,Orange oil,Sage oil,Sandalwood oil
(24(10),80-86,1992,Fragrance Journal)

うつ病、不眠症への応用では、抗ストレス作用に優れたレモンをベースとした
柑橘系の香料を作成して、うつ病への臨床を試した結果、
うつ病患者10例で、抗うつ剤を大幅に減量しながら、臨床症状が
改善できたという報告があります。

また、不眠症に対して古代エジプト時代より有効とされていた香りを
参考にサンダルウッド、バチェリー、ローズ、オリスなどを調香し、
使用した結果、18人中11人で睡眠薬の減量ができ、
そのうち5人は睡眠薬を中止できたとあります。
(15,39-42,1995 治療学)


shin_chanz at 00:02|PermalinkComments(0)香の科学 

2007年06月26日

においの分子とは

においを出す一番小さな分子は、アンモニアです。

非常に強烈な刺激臭を発するアンモニアですが、ニオイを感じさせるには、
他の悪臭物質より少し濃度が必要です。

一番大きな分子のものは大体分子量が300くらいが限界で、
これ以上大きいと揮発しませんので、ニオイも感じません。

ニオイの成分は多様な化学反応を引き起こすのが特徴です。

だから、人間の鼻は身に危険が及ぶとして感知するのかもしれませんね。

悪臭と芳香との違いですが、まだ良くわかっていないようです。

悪臭物質が濃度が薄まると芳香物質に変わるということも多くあります。

たとえば、大便のニオイ物質で代表的なインドールは、ジャスミンの芳香を
形成する1成分ですし、コーヒーの芳香を形成する成分も
1つ1つは悪臭を発する物質となります。

ニオイを作るのは、分子内に
水酸基、カルボン酸、アルデヒド、エステル、アミン、チオール、
チオエーテルという反応性に富む分子構造を持つものです。

ただ、においを発する物質はあまりにも多くて、
残念ながら規則性というのは、見出されていません。

わかっているのは、分子に窒素や硫黄があるとにおいが増強されること。
エステルは酸やアルデヒドに比べて芳香性に優れるということ。
同じ分子構造でも濃度により悪臭から芳香に変わるということです。

ニオイの難しさは、機器測定の結果と実際のニオイが異なる点です。
機器は規則正しく結果を出しますが、人間の嗅覚は、
化学構造によって、感知する精度が変わりますから、
機器ではすごい濃度でもニオイはしなかったり、
ニオイがするのに機器ではほとんどわからなかったりと色々苦労は尽きません。


shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(0)香の科学 

2007年06月25日

バイオエタノールの害

2年前、世界の砂糖生産量の半分が自動車のガソリンの代替エネルギーとなる
バイオエタノールの生産に振り向けられました。

バイオエタノール関連は補助金が多いため、食料として売るより、
バイオエタノールにしたほうが収入が増えるので、資本主義社会では
当然砂糖だけにしておくのはもったいないということでしょうか。

砂糖だけでなく、もう一つの原料となるトウモロコシも大変な勢いで価格が上昇しています。トウモロコシは家畜の餌として利用されていましたので、
飼料価格が急上昇して、肉の価格にも跳ね返りつつあります。

当然、発展途上国は満足な食料を買うことができなくなり、
飢餓が拡大していくのではという懸念が持ち上がりつつあります。

ところで、ガソリンの代わりにバイオエタノールを使うというのは、
新しいように見えますが、実はかなり古い発想です。

すでに1970年代には、ブラジルでエタノール車が走っていました。

では、ブラジルでは大気汚染が解決したかというと
残念なことにガソリンの割合を減らしても解決せず、
むしろ環境は悪化してしまい、未だに解決できないでいます。

ガソリン車を使うと大気中に、ベンゼンやブタジエンを撒き散らします。
これらは発がん性物質ですし、肺の機能を低下させます。

では、バイオ燃料であるエタノールはどうかというと
こちらはホルムアルデヒドとアセトアルデヒドを増やします。
つまり、E85という(85%エタノール、15%ガソリン)のような
バイオ燃料が普及してもガソリンの排ガスから出てくる発がん性物質による
ガンはとくに減らないということです。

スタンフォード大学の大気学者のマークヤコブセン博士の研究
(07/4/18 Environmetal Science and Technology online news)によれば、
バイオエタノールの最大の問題は、オゾンを増やすことです。

オゾンは一部の洗濯機にも使われていますが、微量でも吸い込むと
肺の機能を低下させるだけではなくて、組織の炎症を起こし、
喘息を悪化させる恐れがあります。

オゾンは上空にいれば、紫外線の害を減らしますが、
地表のオゾンはかなり毒性が強く、WHOの統計ではオゾンや他の
化学物質によるスモッグで毎年80万人が死んでいるとのこと。

E85に全面的に切り替わることはありませんが、
13年後にE85に切り替わった場合のアメリカでの
大気状況のシュミレーションから、
地表のオゾンが増えて、ガソリン車より高い死者や
呼吸器系疾患の入院患者や病院を訪れる人を増やすとの試算が発表されています。

バイオエタノールによる環境への影響はこれから多く研究されていくと思いますが、
単純にガソリンからバイオエタノールに変えても、喘息患者は減らないし、
むしろ増えるだろうというのが、今回の研究結果でした。

ただ、13年も経てば燃料電池車も出てくるので、
そうなると排ガスによる公害もかなり減っていく方向へ進むと思います。

東京では、バイオエタノールを混ぜたガソリンが試験的に販売されていますが、
燃費は悪くなるし、環境汚染もガソリンより多くなる、ついでに食糧の価格を
押し上げるバイオエタノールって、まだまだ課題が多いですね・・(^^;;

shin_chanz at 00:11|PermalinkComments(0)植物の知識 

2007年06月23日

DMAE(ジメチルアミノエタノール)に毒性?

DMAE(ジメチアミノエタノール)は、ドクターズコスメやサプリメントとして
アメリカでは、以前から使用されていました。

ただ、ここにきて安全性が疑われる事態となっています。

とくに皮膚への毒性で、高濃度配合されているDMAEにより
コラーゲンを作る細胞が即時膨潤したり、細胞の分化が遅延するだけではなく
停止したり、代謝反応がおそくなることで、細胞が死んだりと
とても老化防止に役立たないだけではなく、安全性についても
疑問を持たれる結果となっています。

Laval大学の研究で、イギリスの皮膚科雑誌British J Dermatologyに
掲載された最新論文のなかで言及されていて、高濃度配合品については
医者が宣伝ほど安全性は高くないのかもしれません。


Volume 156 Issue 3 Page 433-439, March 2007 より

Background The 'cosmeceutical' agent 2-dimethylaminoethanol (DMAE) is a tertiary amine found in high concentration in numerous topical antiwrinkle preparations.

Objectives We hypothesized that a 337 mmol L1 (3%) DMAE reservoir applied to the skin could reproduce the cytopathology induced by other amines by maintaining a millimolar drug concentration within a certain depth of the skin layers, and that vacuolar cell expansion could account for the very rapid effect on the apparent skin fullness.

Methods Morphological and functional assays were applied to cultured rabbit dermal fibroblasts treated with tertiary amines in vitro. A morphological verification of the vacuolization caused by topical DMAE was also attempted in vivo using the inner skin of the rabbit ear and in vitro using primary cultures of human cutaneous epithelial cells.

Results Fibroblasts responded to DMAE (2·5–10 mmol L1) by massive vacuolization (0·5–4 h; phase contrast observations). Triethanolamine, another chemical frequently used topically, was also active in this respect (10 mmol L1). The vacuolar adenosine triphosphatase inhibitor bafilomycin A1 prevented DMAE- or triethanolamine-induced vacuolization; adding bafilomycin A1 or cell washout slowly reversed the established vacuolization induced by DMAE. Further effects of DMAE in cultured fibroblasts included a moderate cytotoxicity (10 mmol L1) that was abated by bafilomycin A1 cotreatment, a concentration-dependent mitotic arrest (2·5 mmol L1) and transient and mild effects on cell ploidy. The epidermis of the rabbit external ear was significantly thickened and exhibited clear perinuclear swelling indicative of vacuolization in response to 3% DMAE (1 h; paraffin tissue sections). Cultured human cutaneous epithelial cells responded to DMAE by vacuolization (inhibited by bafilomycin A1 cotreatment).

Conclusions The vacuolar cytopathology induced by concentrated organic amines may be the cellular basis of the antiwrinkle effect of DMAE.



shin_chanz at 00:02|PermalinkComments(2)化粧品原料 

2007年06月22日

香とストレス

ストレスは、現代人が抱え込む生きていく上で、
避けては通れないものです。

ストレスを受けると、免疫能力が落ちていきます。

ニキビ菌への抵抗力が弱まり、ニキビが出てくるのは典型的例。
そのほか、口の周りにできるヘルペスによる湿疹も
免疫低下時の重要なサインです。

免疫機能低下には、何で対抗すればよいのか?

色々ありますが、手軽なのは香によるものです。
アロマテラピーなどが有名ですが、日本にも香道という香を楽しむ文化が
古くよりあります。

下はねずみを使った実験で、化粧品に汎用される5種類の天然精油を使用して、
免疫機能低下に対する効果をみたものです。

久留米大学医学部の研究で、脾臓に現れる一次抗体産生細胞の数を調べる実験では、
正常な状態を100とすると、
ストレスを負荷したとき、香料なしでは、65.2%
ラブダナム 142.6%、
ジャスミン 68.9%
カルダモン 64.1%
チュベローズ 240.6%
オークモス 202.8%となりました。

ストレスを負荷されても、精油の香を嗅がすことで、
血液中の免疫力は低下せず活性を保つことがわかっています。

人間では、こんな簡単に免疫力が回復するわけではありませんが、
精油の香を愉しむというのは、ストレスを抱えがちな女性にとっては、
一つの解決策ではないでしょうか。

shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(2)香の科学 

2007年06月20日

どうやって匂いを感知できるのかな? 

においはどのにおいも一定以上の濃度で感じるわけではありません。

揮発成分の化学構造によって、最低濃度が異なります。
微量でにおいがわかるものがあれば、そうでないものもあります。

たとえば、エタノールだと900000ppbでようやくにおいを感じますが、
エタノールが酸化してできるアセトアルデヒドは240ppbから
濃度がわかります。

ppbとは、Parts per bilion 10億分の1の濃度です。
たとえば、水1トンに1gの物質を溶かしたのが、1ppm。
1ppbはその1000分の1なので、水1000トンに
1gを溶かしたときの量です。

なんだかとてつもない微量ですが、人間はものによっては1ppb以下の
においでさえ嗅ぎ分けることができます。

腐敗した食品に多い酪酸なら、240ppb、
バニラアイスの芳香成分であるバニリンは0.3ppb
非常にくさい硫黄臭で、口臭の原因物質であるメチルメルカプタンは0.02ppb
都市ガスの臭いとしてつけるジメチルスルフィドは0.001ppbです。
(都市ガスは揮発性であるが、嗅細胞では感知できないので、無臭となる)

1ppbは1000トンに1gのものを溶かした量と聞くと
非常に微量と感じますが、実際にはそれ以下でも不快なにおいとして
感知する物質はいくつもあります。

嗅覚というと犬の優れた能力を思い浮かべますが、
人間も不快なにおいについては、すぐれた嗅覚の能力を持ち合わせています。

shin_chanz at 00:02|PermalinkComments(0)香の科学 

2007年06月18日

どうやって匂いを感知できるのかな? 

匂いを感じるのは、鼻の中にある嗅粘膜で、においを感じる嗅細胞が
密集しています。

嗅粘膜自体は、粘液で覆われていて、におい物質が鼻の中に入って
嗅細胞の先端にある嗅小胞や嗅繊毛の膜面に結合、衝突すると
におい分子の情報を示すインパルスが発せられ、脳へと伝達されます。

ここで重要なのは、においを感じるためには、粘液で覆われている嗅粘膜へ
到達する必要があることです。

完全に油溶性ではだめで、ほんの少しでも水になじむ分子構造を持っている
必要があります。

つまり、粘液に拡散できなければ、においとして感知できません。

たとえば、鼻の粘液が多いとき、風邪や鼻の調子が悪いときに
においを感じにくいのは、嗅細胞がいつもの調子であっても
におい成分が粘液の壁に阻まれて嗅細胞まで到達できないということが挙げられます。

また、嗅細胞の感度というのは、個人差が非常に大きいです。
香料を扱っている調香士となると、交差点で道路を挟んで向こう側に立っている
女性の香水を嗅ぎ分けれるといいます。

ただ、鼻というのは、疲れやすい器官で、強いにおいを嗅いだときなどは
機能が回復するのにしばらく時間がかかったりします。


shin_chanz at 00:01|PermalinkComments(0)香の科学 

2007年06月17日

どうやって匂いを感知できるのかな? 

世の中色々な香りがあります。

甘い香り、爽やかな香り、すがすがしい香り・・・

様々な香りで溢れていますが、そもそも我々の鼻はどうやって匂いを
感知しているのでしょうか?

匂いは、ご存知の通り鼻で感知しています。

たとえば机の上に美味しそうなステーキを並べました。
肉が少し焦げた香ばしい匂いが漂っています。

これは、即ち匂いの分子は机の上から鼻までの距離をあっという間に
飛び越えて鼻に入ってくるということですが、
まずこれが匂いを感知する第一条件となります。

つまり、ステーキの匂いは、ステーキから微量に揮発する成分を
感じているということです。

揮発しないと臭いを感じることはできません。

そして、この微量の揮発成分をかぎ分けることで、
人間は食べ物を食べれるかどうか経験的に判断してきました。

食品が腐敗するとガスが発生することが多く、
そのガスの臭いの種類や量をかぎ分けることで、
安全なものか判断するわけです。

ただし、困ったことに食中毒を起こす猛烈な細菌と
食品の腐敗を起こす菌とは別なので、食中毒菌が大量に存在しても
臭いなどは変わらず、誤った判断をしてしまうことも多くあります。

食中毒で病院に行く人は、年間4万人で、約400人が命を落としています。
この数字は匂いだけで、食品の安全性を確認する難しさを物語っています。
(死者や重症者は老人と女児に集中しています。
 これは腸環境との関連で、便秘がちだと菌が腸に長くいて、毒素を作る
 量が多くなるからです)

shin_chanz at 09:06|PermalinkComments(0)香の科学 

2007年06月16日

ディープトリートメントオイルエクセレントが発売されました

トゥヴェールから擬似セラミドを30%配合したディープトリートメントオイルエクセレントが発売されました。

100ml入りで2730円です。(擬似セラミドとして30ml)

ディープトリートメントオイルのテクスチャ及び容器を改良したタイプです。

擬似セラミドそのものだと、かなり粘度が高いため、吸着精製オリーブオイルと
ヤシ油由来のオイルで希釈しました。
粘度が下がったので、だいぶテクスチャが改善されています。

擬似セラミドを配合した化粧品は数多く出回っていますが、
ここまでコストを下げたものはないと思います。

30%も配合しているので、適当なオイルで3倍に希釈しても
使えますし、クリームやジェルと混ぜても使えます。

良い成分は賢くリーズナブルに利用するということを
目的とした商品です。

擬似セラミドが少しだけ配合されたのに、なぜか高く売られている化粧品は
多いので、損しないように気をつけてくださいね。

なお、吸着精製オリーブオイルは、カラムクロマト法という実験室レベルでの
精製法を行ったオリーブオイルです。
不純物を一切取り除くことにより、酸化安定性などが従来の概念を覆すほど
高まりました。
また、通常のオリーブオイルでは肌に合わない方にも
不純物を除去することで安心してお使い頂けるようになりました。

shin_chanz at 15:36|PermalinkComments(6)化粧品