食べられる合成界面活性剤育毛とお肌のお手入れは正反対?

2007年01月25日

手作り育毛剤の作り方

市販の育毛剤は主成分がエタノールです。
最低でも35%、通常は50%、多い場合は70%ぐらいになります。

これだけエタノールが多いのは、成分を浸透させるためで、
育毛成分が到達する必要がある箇所は、毛穴の奥の奥です。
皮脂が詰まった毛穴を突き抜けて、毛の生えている根元に
成分を到達させるためには、高濃度エタノールが必然となります。

エタノールがないと効く成分も、頭皮に入っていきません。

他には保湿剤として、グリセリンが1〜2%、ベタインが1%程度でしょう。
頭皮は肌と違ってさほど保湿剤を必要としません。
また、配合するエキスは10%程度となります。

つまり、無水エタノール50g+生薬エキス10g+ベタイン1g、
残り水49gとなります。
ベタインは入れなくてもかまいません。
保湿剤としてグリセリンやBGをいれるときは2g以内にしてください。
通常は入れる必要はありません。

さて、配合するエキスですが、お勧めはいくつかあります。
いずれも50%エタノールで抽出してください。
BGではだめで、50%エタノールが基本となります。
生薬10gに50%エタノール100gをベースにしてください。

生薬エキスで育毛効果が高いのは、冬虫夏草、柿の葉、オトギリソウ、
ニンジン、ジオウ、センブリとなります。

冬虫夏草は資生堂の育毛剤で有名なアデノシンが有効成分となります。
このアデノシンが、毛の成長を促すたんぱく質であるFGFを
産出する働きを持っています。

柿の葉はミノキシジルとおなじように毛根への毛細血管を増やす
効果があります。ミノキシジルは、毛細血管を増やして、
どんどん栄養分を髪の毛に送り届けるのが第一の効果ですが、
柿の葉も同じような血管を作る効果を持っています。

オトギリソウは、花王のフラバサイトの薬用成分の原型となりました。
花王が育毛作用をもつ生薬エキスを探索したところ、
オトギリソウに強い育毛効果を見出し、そこからヒントを得て
育毛剤を開発しました。

ニンジンは細胞賦活、ジオウやセンブリは血行促進となります。

各成分を併用することで、毛根に毛細血管をいくつもつないで、
血行を促進することで、栄養分を送り込み、枯れそうな毛を
甦らせるように働きかけます。

また、発毛を促進するタンパク質を作らせることで、
産毛を太くて硬い毛に変化させていきます。

ちなみに、どんな効果的な育毛剤でも
発毛が見られるためには、毛が生えるサイクルに毛包が移行して
一日0.3mmずつ伸びるとしても2ヶ月程度かかります。

一週間使って脱毛がとまって毛が生えてくるようなものでは
ありませんので、気長に試されることをお勧めします。


shin_chanz at 00:01│Comments(7) 育毛剤 

この記事へのコメント

1. Posted by りー   2007年01月26日 01:01
こんばんは
育毛剤というと薄毛の男性の使うものというイメージでしたが、
こちらでも時々お名前を拝見する角谷さんのサイトで
お勉強させていただいて女性も無関係ではないと知りました。

禿げてるわけではないのですが年とともにコシが〜ツヤが〜 ToT
お肌ほどじゃなくてもいろいろな情報知りたいです。

これから生えてくる髪を少しでも質の良いものにしたいという思いで
使ってみたいアイテムなのです。
2. Posted by キュウリサン   2007年01月27日 07:24
いつも読ませていただいてます。
育毛剤トゥヴェ−ルではまだ販売していないようですが
発売の予定はありませんか?
作りたいのですが、素人では難しそうなので。
3. Posted by しんちゃん   2007年01月27日 12:53
りーさん、こんにちは

若い女性の方も微妙に薄くなりつつある人を
電車内でたまに見かけることがあります。

ストレスやら色々原因はあるのでしょう。
ただ、女性の場合は、少しでも減ると
目だってしまいます。
男性なら、ハゲても仕方ないというイメージが
ありますが、女性はそうではありませんからね。

とりあえずは手作りの育毛剤で血行を
促進して、細胞に成分をしっかり作らせるように
栄養を補給するのもよいと思います。

また、育毛剤を使うわないにしても
強くマッサージすると頭皮の繊細な毛細血管が
切れるので、軽くマッサージするのもよいと思います。
4. Posted by しんちゃん   2007年01月27日 13:02
キュウリサン さん、こんにちは

トゥヴェールの発売はないと思います。

だって、個人輸入すれば市販の育毛剤より
はるかに信頼できて効果も高いものが、
安く手に入る時代ですからね。

日本で売られている育毛剤で効果がなければ
アメリカの医薬品に頼るしかない現状では、
最初から市販のものを買うなら個人輸入した方が
時間もお金もムダにせずに済むのではないかという
考え方です。

こう言ってしまうと夢がないですが・・(^^;;、
でも女性の薄毛はたいしたものでなくても
深刻に捉える方が多いので、気になったら、
ミノキシジルをお勧めします。
5. Posted by ねこ   2007年09月13日 13:39
こんにちは
作り方について質問です。
生薬をエタノールで漬ける時に使用する水は精製水を1度沸騰させた物を使ったほうがいいのでしょうか?その場合沸騰した水は1度冷ましてからの方がいいのでしょうか?
冬虫夏草、柿の葉、オトギリソウ、オタネニンジン、センブリを使って抽出しようと思っています。
エキス10gと記載されていますがそれぞれ同じ割合(2g×5種)でいいのでしょうか?
よろしくお願いします。
6. Posted by しんちゃん   2007年09月14日 21:39
ねこさん、こんにちは

精製水は沸騰させる必要はありません。
そのままお使いください。

混合エキスの場合は、2g×5種類を
50%エタノールをご使用ください。
7. Posted by 還暦君   2015年04月26日 18:39
6年位前から、頭皮湿疹、強烈なかゆみ、皮膚科、市販の薬を使用しましたが、ほとんど効果がありませんでした。しかし、生薬をエタノール、精製水、柿の葉、オトギリソウ、センブリを使って、自分なりに作製し、使用しましたら、かゆみは完全、湿疹は10分の1程度になりました。ほんとうにありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
食べられる合成界面活性剤育毛とお肌のお手入れは正反対?