デトックス素材に求められるものぺこちゃん・・

2007年02月01日

デトックス素材に求められるもの

もし、デトックス素材が川に流れ出して、水に不溶なはずの重金属を
可溶化したらどうなるでしょうか?

それが、水道水に含まれるとしたら・・?

ヨーロッパでは、洗剤に含まれる軟水化剤が実際に問題となっています。
本来水に溶けない成分が溶けてしまう。
しかも、川は一国だけでなく、いくつもの国を経て海に至るものもあります。

ヨーロッパ人が環境に厳しいのは、環境汚染が一国だけでは
済まされない現実があるからです。

EDTAを紹介しましたが、これが優れている点は
人間の体に必要な金属より、有害な重金属や軽金属の方を
選択的にくっつく点です。

つまり、EDTAが体に入ると、重金属を見つけ次第
すぐに重金属と絡み付いて、重金属を可溶化して排出していきます。

もし、デトックス素材が人間に必要な金属とくっついてしまった場合、
有害な重金属に乗り換えなければ、まったく排出すら望めません。

どの金属と安定にくっつくかという指数があるのですが、
実はEDTA以外はあまりわかっていません。
わかっていないというか、多くのデトックス素材は、
そんな基本的な研究もされないまま販売されているのが実情です。

また、体内には遊離の脂肪酸があって、これが金属と強固にくっついている
場合が多いです。

お風呂場で石鹸を使うと石鹸液は白く濁りますが、
それは石鹸が水道水のミネラルとくっついて
水に不溶性の金属石鹸ができて、これが水に溶けないため
白く見えるのです。

人間の体の中でも同じように脂肪酸と金属がくっついて
血管などに沈着することもあります。

この金属石鹸から無理やり金属を奪い去れることができるのも
EDTAの特徴です。

40年ほど前からアメリカではEDTAを医療に応用した研究が
進められています。


shin_chanz at 01:01│Comments(0) デトックス 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
デトックス素材に求められるものぺこちゃん・・