細胞毒性の信憑性って その2老化 いろいろな説

2007年07月27日

細胞毒性の信憑性って その3

細胞培養を勉強する学会に所属しているのですが、その学会誌に面白い研究が
載っていました。
(Tiss.Cult.Res.Commun 26,143-147,2007)

水道水の毒性を長年研究している先生ですが、
なんと使う培地によって毒性の判定がばらばらになるというものです。

水道水の毒性を調べる方法にコロニー形成法というものがあります。
最初にある培地で細胞を培養して、勢いをつけたところに
水道水の入った培地で培養して、健全に細胞が成育できるか判定します。

なにか細胞の成育を阻害する成分があれば、
細胞は育たずに死んでしまいますが、
問題なければ、順調に細胞は育っていきます。

ちなみに、細胞自体は顕微鏡でみないとわからないくらいの大きさです。
その小さな細胞がたくさん増えると肉眼でもわかるような小さな塊が
いくつも培地に表われてきます。

その数を数えることで、どれだけ細胞が順調に生育するか判定できます。
細胞毒性があるとコロニーはできません。
(コロニー形成法は、細菌やカビの検出試験でも使われる方法です。)

さて、このコロニー形成法で色々培地を調べてみると
使用する培地によっては、コロニーが2つや1つの場合もあれば
別の会社なら589個もできることがわかりました。
つまり、培養する細胞によっては、市販の培地自体に
何か細胞毒性を示す成分が入っているということです。

また、この細胞毒性を示す培地を滅菌して保存すると、
保存日数が増える度に細胞のコロニー形成力が向上していきます。
つまり、細胞毒性が低くなっていくということです。

細胞培養の上での技術的な注意点を指摘した論文なのですが、
細胞毒性を調べるには、適切な細胞と培地を使用しないと
間違った結論に達することあるということを示唆しています。

ネットでは化粧品の毒性判定が流行っていますが、
そもそも信頼できるデーターに基づいているのかどうかが
問題になると思われます。

shin_chanz at 00:01│Comments(0) 分析・品質管理 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
細胞毒性の信憑性って その2老化 いろいろな説