高濃度ピュアビタミンCについて2臭いミンクオイル・・

2007年08月19日

トリエタノールアミンが人気なので 1

トリエタノールアミンの毒性でこちらに飛んでくる方も多いので、
もうちょっと付け加えます。

トリエタノールアミンは発がん性があると主張する方も多いのですが、
それはかつてのFDAの報告にあります。

ただ、この報告を読んでみると、トリエタノールアミンではなく、
トリエタノールアミンに微量含まれているジエタノールアミンが
亜硝酸と反応して出来るニトロソジエタノールアミンを問題にしています。

ところがなぜかトリエタノールアミンが問題とする主張も多い。

モノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミンは、
それぞれアンモニアに酸化エチレンをくっつけて作ります。

モノエタノールアミンなら、酸化エチレンは1つ、
ジエタノールアミンなら2つ、トリエタノールアミンは3つです。

それじゃ、4つはないのかというと・・・、ありません。

それは、反応しないからです。

これが重要なんです。

トリエタノールアミンになると、それ以上はよほど特別なものでないと
反応しにくくなります。
つまり、それなりに安定だということ。

逆にモノエタノールアミンは、他のものとくっつくための手が2つ、
ジエタノールアミンは1つ余っています。

つまり、こちらの両者は「別の何か」に変わる余地があるということです。

ちなみに人間様はエタノールアミンと関係ないかというと、
そんなことはありません。

人間の体でも、大量にエタノールアミンが作られています。

工業的には酸化エチレンが使われますが、人間様は酵素で楽に作ります。

ちなみにモノエタノールアミンは、非常に強いアンモニア臭がありますが、
これがジエタノールアミン、トリエタノールアミンになるに従い
匂いが減っていきます。
とくにトリエタノールアミンになるとほとんど臭いがなくなるため、
化粧品に良く使われます。

shin_chanz at 09:48│Comments(0) 発がん性物質 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
高濃度ピュアビタミンCについて2臭いミンクオイル・・