化粧品屋医薬品に使われる界面活性剤 その2

2007年09月30日

医薬品に使われる界面活性剤

今まで虫歯というのには縁がなかったのですが、
急に夜中に歯が痛み出してどうにも治まらないので歯医者へ行ったところ、
下の親知らずの隣の歯が虫歯とのこと。

親知らずもついでに抜くことになったのですが、
歯が横向きに生えているおかげで、抜くのに結構時間がかかりました。

年齢も30半ばで、歯と骨がかなりくっついてしまっているようで
歯を砕いて抜くことになりました。

抜くのは、麻酔のおかげでそれほど痛みがありませんが、
血がなかなか止まらず、抜歯後に止まったはずの血が
再出血して、2時間毎ぐらいに口がいっぱいになるほど出血しました。
(歯を抜くときに静脈をきっちゃっと言っていたので・・)

おかげで夜も眠れず、夜中からおきてガーゼを噛んで
止血しましたが、唾液が多いようで苦労しました。

次の日も完全に血が止まらず朝から歯医者へ行って
止血してもらいましたが、歯科医がガーゼを親知らずを抜いた場所に
強く指で押して行うものだから、これが結構痛いんです。

久々に痛い思いをしましたが、あと、1本親知らずを抜いておいた方が
良いようなので、続けて抜くべきかしばらく時間を置くか迷っているところです。

さて、医薬品に使われる界面活性剤ですが、それほどの種類はありません。
医薬品添加物辞典の中でも経口投与と外用剤へ実績がある中で主なものは、
ラウリル硫酸ナトリウム(300mg)
ポリソルベート80(300mg)
ポリオキシエチレン(60)ひまし油(1200mg)
ポリオキシエチレン(160)ポリプロピレン(30)グリコール(333mg)
スパーン30(50mg)
ショ糖脂肪酸エステル(600mg)
ソルビタン脂肪酸エステル(240mg)
プロピレングリコール脂肪酸エステル(575mg)
の8種類となります。
カッコ内の数字は一日当たりの最大摂取量です。

この中で注射剤に使われるものは、さらに減ります。
ポリソルベート80(500mg)
ポリオキシエチレン(60)ひまし油(500mg)
ポリオキシエチレン(160)ポリプロピレン(30)グリコール(10mg)
スパーン30(50mg)
ソルビタン脂肪酸エステル(37.5mg)
カッコ内の数字は一日当たりの最大摂取量です。

実際にはこのほか10種類の界面活性剤が使用されます。


経口治療薬に界面活性剤を使用される理由は
難溶性の薬物を水に溶かし、浸透性をあげることにあります。

最新の医薬品は、胃液に溶けてナノ粒子になり、
吸収されるものもあります。

ところで、皮膚の生まれ変わりは4週間ですが、
腸の壁面はどのくらいかかるかご存知でしょうか?

腸には約1kgの細菌が棲みついており、万が一傷が生じて
治りが悪かったらそれこそ大変です。

そのため、腸においては4時間という猛烈なスピードで
生まれ変わりを行います。

たとえ薬に含まれる界面活性剤の刺激性で傷がついても
すぐに修復されてしまいます。

また、腸細胞には一度吸収したものを体内ではなく、
元に戻して吸収しなかったことにする酵素があります。

その酵素が活発に動いていると、せっかく吸収された薬物が
また外へ戻されるため、この酵素の働きを落とすように
仕向けるのも界面活性剤の役割となっています。

shin_chanz at 00:01│Comments(2) 乳化と分散 

この記事へのコメント

1. Posted by ありこ   2007年09月30日 22:14
こんばんは。

抜歯・・大変でしたね。
実は私もほぼ同様な経験があります。

私の場合も歯が真横を向いていたので砕いて取り出しました。
生理中ということも関係してか、3日間血がどくどく止まらず夜中は苦しみました。
結局もう一針縫ってもらってようやく止血できました。

そしてまた数日後にはもう一方の親不知を抜歯。
ほぼ同じような抜き方でしたけど、その時は幸いにも止血には時間は掛かりませんでしたょ。

ありこ



2. Posted by しんちゃん   2007年10月01日 22:59
ありこさん、こんにちは

3日ですか。
一晩でも大変なのに、辛かったでしょうに・・。

こんなことなら、子供の頃に抜いていればと、後悔しきりです(^^;;

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
化粧品屋医薬品に使われる界面活性剤 その2