石油がなくなる日 その3語られることのない石鹸や合成洗剤原料の過去

2007年11月08日

石油がなくなる日 その4

石油の価格動向は、どの産油国に左右されるかご存知でしょうか?

昔はOPECが全盛を極めていましたが、今は世界第二位の産油国である
ロシアの意向です。

ロシアが産出する石油はコストがかかり、
その原価は1バレル39ドルだと言われています。

ただし、原価というのは、汲み出すための最低限の費用で、
ここから将来の設備投資などを入れると1バレル60ドルは必要で
これが採算価格ということです。

いまは96ドルなので、大変な儲けですが、1バレル60ドル以下になると
ロシアの台所事情は苦しくなっていきます。

そのため、石油価格は安く買いたい先進国の意向と、産油国の事情もあって
価格変動が激しくなります。

大きな油田が発見されればよいのですが、海底を探索するには
かなりのコストがかかりますし、なかなか新しい油田の発見は
むずかしいようです。

また、石油は岩石の穴や隙間に溜まるものなので、海水を注いでも
現在の技術では4割程度しか汲み上げることはできません。

経済的に汲み出す技術が新たに発見されれば、石油の枯渇は
まだ先になりそうですが、とりあえず今出来ることは無駄遣いを減らすこと。

よく言われることですが、それしかありません。



shin_chanz at 00:01│Comments(0) 化粧品原料 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
石油がなくなる日 その3語られることのない石鹸や合成洗剤原料の過去