真皮でのシミ100%発症するシミ

2008年07月30日

かんぱん

遺伝性のシミで有名なのは、そばかすですが、
女性を悩ませる肝班も遺伝性の要因が強く指摘されています。

この肝班は、母親が肝班で悩むと、50%の確立でその娘も肝班で
悩むことになるという報告もあるぐらいです。

男性は、ほとんどの人が肝班にはなりません。
日本人の男性は特に肝班にはなりにくいとされています。

ちなみに肝班の発症は、日本人の場合は、肝班患者15名いれば、
患者のうち女性は14名という具合です。

圧倒的に女性で発症するため、肝班の悩みを身をもってわかる男性は
ほとんどいないのが現状でしょう。

女性の発症率の高さから女性ホルモンの影響が指摘されており、
通常、30歳代から生じはじめ、閉経後に消退するという特徴があります。

女性ホルモンで誘発されるため、たとえば10代や20代であっても
経口避妊薬を使用すれば、肝班ができやすくなってしまいます。

肝班は体内部の要因では、女性ホルモンの影響が大きいのですが、
外部の要因は、紫外線によって悪化することがわかっています。

ちなみにレーザー治療は肝班を悪化させるだけですので、
トラネキサム酸の内服もしくは美白剤しか今のところ治療の選択はありません。

その他は、できるだけ紫外線防御を行うといったところでしょうか。

shin_chanz at 00:01│Comments(2) 美白 

この記事へのコメント

1. Posted by アイノティー   2010年06月02日 15:29
しんちゃんさん、こんにちは。
妹24歳がシミで悩んでいるのですが、「レーザー治療しようかな!」と最近言い出しているのですが、他人から見ては、至近距離で凝視しない限り分からない程度です。

「真皮のシミはレーザーでしか解決しないが、カンパンはレーザー治療をすると悪化するのみ」

との事ですが、シミは表皮のものか真皮から来ているものなのか、素人に分かるでしょうか?

中学高校時代は、部活動で日焼けしていました。現在は、かなり色白です。
2. Posted by しんちゃん   2010年06月02日 20:56
アイノティーさん、こんにちは

真皮にメラニンが落ちた場合、青色になります。
表皮では茶色に見えるため、色で判断可能です。

レーザー治療が良いかどうかは皮膚科の判断が必要でしょう。
ただ、レーザー治療もダウンタイムといって、しみの周囲の皮膚が逆に茶色くなってしまうこともあり、十分に説明を聞いてから判断されることをお勧めします。



> 妹24歳がシミで悩んでいるのですが、「レーザー治療しようかな!」と最近言い出しているのですが、他人から見ては、至近距離で凝視しない限り分からない程度です。
>
> 「真皮のシミはレーザーでしか解決しないが、カンパンはレーザー治療をすると悪化するのみ」
>
> との事ですが、シミは表皮のものか真皮から来ているものなのか、素人に分かるでしょうか?
>
> 中学高校時代は、部活動で日焼けしていました。現在は、かなり色白です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
真皮でのシミ100%発症するシミ