爪のお手入れコラーゲンの知識

2008年11月28日

シルクパウダーとアレルギー

シルクパウダーは、アミノ酸の塊で基本的にアレルギー性は低いと考えられています。

実際、シルクを分解した加水分解シルクは、臭いが少ないので、加水分解コラーゲンより化粧品によく使われています。

ただ、人間の体はアミノ酸の配列によってアレルギーを発症することもあります。
免疫細胞がタンパク質を異物として感知し、排除するために攻撃を行うためです。

もともと細菌やウィルスというのは、タンパク質や糖質、脂質の塊です。
タンパク質といえば、食事で毎日摂っているものですし、
アレルギー性がなさそうですが、細菌がタンパク質の塊である以上、
体が無害なタンパク質を間違えて、攻撃してしまうのも致し方ないところ。

シルクパウダーも細断したとはいえ、かなり大きなタンパク質です。

そのため、体質によってはアレルギーを引きこし、肌荒れを起こす場合もあります。

しかしながら、シルクパウダーは、ほかの化粧品成分から見ると、
巨大な物体です。こんな大きなものが肌の中に入っていくのでしょうか?

実際、パッチテストを行うと、別に湿疹がでるわけでも赤くなるわけでもなく、
しかし顔に使うと、何故か湿疹がでるという場合があります。

この場合、パッチテストを行う、上腕部や背中の皮膚に比べて、
顔の皮膚は毛穴が開いており、そこからシルクパウダーが入り込んで、
アレルギーの原因になると考えられています。

つまり、皮膚の細胞と細胞の間の隙間は、シルクパウダーよりはるかに小さな
隙間でるあるため、そこへ入ることは出来ません。

ただ、毛穴の場合は、シルクパウダーより大きな穴があり、
しかも皮膚の奥底まで開いています。

ここへ落ち込んだシルクパウダーにより、肌が過剰反応して、
湿疹ができるという機構です。

シルクパウダーが肌に合わないというのは滅多にないのですが、
ただ、本来、水にも油にも溶けず、肌に無害な成分が
なぜか免疫細胞により、細菌と間違えられて、攻撃の対象となり、
肌に合わないということが起こります。

加水分解シルクの方は、アミノ酸にまで分解されているため、
肌に合わないということは基本的には起こりません。

shin_chanz at 00:01│Comments(0) 化粧品 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
爪のお手入れコラーゲンの知識