肌と過酸化脂質 その3NMF成分 その1

2009年04月06日

痛くない注射

朝日新聞の3/22付けの朝刊に無痛のワクチン注射についての記事がありました。

日本では、需要はないが、海外では無痛のワクチン注射に需要が見込めるとのことで
開発が進められているとのこと。

これに使われるのが、イオン導入です。
皮膚にワクチンを塗って、イオン導入器を当てるだけで、電気の反発力で
皮膚内にワクチンが浸透し、注射したのと同様に抗体が体内で出来上がります。

ただ、通常のワクチンには、死んだウィルスや感染力を弱めた生のウィルスを
使用することもあり、そういったウィルスを使用するワクチンの接種は無理なので、
対応できるワクチンの数は限られています。

その中でワクチンとして使われる抗原、つまりたんぱく質はイオン性が弱いため、
そのままではイオン導入することはできません。

そこで使用されるのがレシチンで、レシチンで抗原を包み込むことで、
プラスのイオンとなり、プラスの電極でイオン導入が可能となります。

美容業界では、イオン化しないレチノールをイオン導入するために
レチノールをレシチンで包んで、イオン導入するというのは一般的でしたが
それが医学にも応用されるようになりました。

イオン導入となると、時間がかかりますし、注射のように確実に体内へ入れるという
確実性の問題など、まだまだクリアすべき問題はあります。

ただ、無痛治療というのは、歯科や美容外科では広まりつつあるので、
今後欧米で金持ちを中心に受け入れられる余地はあると思われます。

日本でも若い医師を中心に無痛治療のために如何に注射の痛みを減らすかということが、検討されていますが、本当に無痛といえるものはまだ無いですからね。

注射を打つときにチクッとした痛みをとるために、皮膚へ塗る麻酔薬というものが
ありますが、それを塗っても全くの無痛にはなりません。

しかし、イオン導入器を使う場合は、痛みなど無いので、本当の無痛ワクチンというのが実現可能となります。

shin_chanz at 00:01│Comments(0) 病気 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
肌と過酸化脂質 その3NMF成分 その1