高分子 その1メタボと老化

2009年06月26日

高分子 その2

キサンタンガムは、化粧品ではまあまあ使われる増粘剤です。

まあまあという表現は、自然派化粧品などがメインになるからです。

ブドウ糖もしくはでん粉を発酵して作る高分子で、発酵系では一番生産量が多いと思います。
食品などにも良く使われます。

このキサンタンガムの長所は自然由来ということですが、弱点はなぜか菌汚染されやすいこと。

水に溶けにくい為、水溶液にするときには、苦労しますが、
塩類が多くても増粘することができます。

塩類といえば、保湿目的のミネラル成分ですが、こちらは配合量が多いと
べたつくため、それほど多くの量は配合されません。

むしろ、塩類とはちょっと違うビタミンC誘導体の増粘に使われます。
ビタミンC誘導体は、塩類とは違いますが、高分子の周りの水分を
自分に引き寄せる為、カルボマーでは増粘できません。

高分子の特徴は、フィルムのような膜を張ること。

様々な高分子があり、髪に向いているもの、肌に向いているもの、色々ありますが、
肌に使うものは、感触が一番大事。逆に髪に使うものは、感触も大事ですが、
それより皮膜を張って髪を保護する効果が求められます。

髪に使う場合は、髪形の維持が大事で、風が吹いても髪形が崩れないこと、
雨が降っても髪が広がらないことが重要視されます。

スキンケアで使われる高分子素材が、髪のセット能力があるかというと
ぜんぜんなくて、逆に髪に使う高分子を肌に使うと皮膜感がありすぎて、
肌がつっぱるような感じになります。

つまり、髪と肌では要求する性能が違うため、使われる素材も全くの別物となります。



shin_chanz at 00:01│Comments(0) 化粧品原料 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
高分子 その1メタボと老化