高分子 その2老化とメタボ その2

2009年06月29日

メタボと老化

老化は誰でも避けられないもの。

ただ、アンチエイジング医学が盛んなように、如何に遅延させるかがブームになっています。

成長ホルモンなど色々な薬剤もありますが、老化を研究する研究者の中で最も支持を受けているのが、カロリー制限。

要は食事のカロリーを適切にコントロールすることで、老化を遅らせること。

ダイエットではなく、適切なカロリーを摂ることです。

食事を取ると、その栄養分を吸収し、体の細胞が増えていきます。

必要な細胞だけが増えればいいのですが、問題はある一定以上増えると、
炎症を起こすような細胞も一緒に増えること。

その代表例が脂肪細胞で、この細胞が増えると炎症性物質の分泌が増え、
体の至るところで、微弱な炎症が起こっていきます。

問題は、微少な炎症なら自覚症状がないこと。

ただ、これが重なっていくと、病気となっていきます。

内臓肥満や高脂血症、高血糖などは、メタボと言われ、内容は脂肪細胞が
増えていく症状ですが、この脂肪細胞が様々な炎症性物質を作るため、
動脈硬化や糖尿病の原因となりかねません。

困ったことに血管を老化させる成分は、肌もついでに老化しますので、
メタボは老化促進病とも考えられています。

結局、メタボへの対処というのは、必要以上のカロリーを摂らず、
適切な運動を行って、カロリーを消費する。

つまり、これらの行動を通して、脂肪細胞から分泌される炎症性物質をいかに低減させるかが重要となります。


shin_chanz at 00:01│Comments(0) 病気 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
高分子 その2老化とメタボ その2