表皮の酸化 その2成分の吸収 その1

2009年08月07日

表皮の酸化 その3

日本には化粧品技術者が集まって作る学会が二つあります。
そのうちの一つ、国際化粧品技術者連盟の下部組織で化粧品技術者会というのがあるのですが、その学会で選ばれた優秀論文の中に肌の酸化を研究したものがあります。

「角質蛋白質のカルボニル化による肌透明感の低下」という論文で、過酸化脂質による肌への影響を検討したものです。

紫外線によって、肌は酸化されますが、その結果の一つとして目に見える現象では、
肌の透明感の低下ということを解き明かしています。

肌の透明感というのは、肌の中に入る光と肌から出てくる光のバランスによって
変わってきます。

肌から出てくる光の量が多ければ多いほど、透明感のある肌に見え、
健康的で、艶やかで肌が潤っているように見えます。

しかし、紫外線などの影響により肌が酸化されると、過酸化脂質が出現し、
肌のたんぱく質は、過酸化脂質の分解物と反応することで、肌が濁り、
透明感は失われていきます。

その結果、肌から出てくる光は減り、透明感がなく、乾燥しているような肌に見えてしまいます。

そのため、過酸化脂質の生成を抑える必要があるのですが、
それは、抗酸化成分だけでは不完全で、過酸化脂質が分解して出来たものと反応する成分が必要です。

反応と言えば、大げさに聞こえますが、過酸化脂質の分解物は、たんぱく質と反応するため、要はアミノ酸でよいのです。

アミノ酸の中でも過酸化脂質のターゲットになるアミノ酸を探してやれば、
肌にとって心強いボディガードとなり得ます。

19種類のアミノ酸の中で、最も透明感の抑制に働いたのはリジンで、
それについでアルギニンやトリプトファンが効果的でした。

つまり、これらのアミノ酸を化粧品に配合することで、角質層が濁り、透明感の低下を少なくすることが期待できます。

アミノ酸は保湿効果や柔軟効果もありますので、一つの配合成分で様々な働きをしてくれる頼もしい有効成分です。

ちなみにアミノ酸の補給は、とてもリーズナブルで使えるトゥヴェールのアミノ酸エッセンスをお勧めします。

100gで1260円ですし、半年分と考えれば、かなりリーズナブルで使えると思います。

美白成分や抗酸化成分だけでなく、選別したアミノ酸によっても
肌の老化を遅らせることが可能となります。

shin_chanz at 00:01│Comments(4) 化粧品 

この記事へのコメント

1. Posted by Kiki   2009年08月08日 11:50
こんにちは。
以前、皮膚科が使うようなマルチアミノ酸リキッド(VIT JAL revitalizing mix)を1バイアル購入しました。
防腐剤なども使われていないので、メソセラピーで肌の内部に直接入れるというものでしたが、1度使ったきりで、放置状態になっていました。
最初の使用から1年数ヶ月経過していますが、全く腐っておらずまだ半分以上残っており、使用期限が2010年10月となっています。
アミノ酸というのは多分腐ると思うのですが、バイアル仕様だから腐っていないのでしょうか?
かなり高価だったので、使い切りたいと思いますが、まだ大丈夫なのでしょうか?

2. Posted by しんちゃん   2009年08月08日 16:19
Kikiさん、こんにちは

これはバイアル瓶を開封し、その残りのことでしょうか?

未開封のバイアル瓶なら加熱滅菌されているので、問題ありません。

ただし、開封したバイアル瓶なら使えないとお考えください。

高濃度(50%)のアミノ酸水溶液なら、なかなか腐りませんが、
注射や点滴で体内に入れるようなものなら、アミノ酸濃度はせいぜい8%程度なので
保存料が入っていないと腐りやすい傾向にあります。
3. Posted by Kiki   2009年08月09日 13:24
しんちゃんさん、お返事ありがとうございます。
バイアルは、蓋がゴムになっていて、注射針で中身を吸って使用しました。注射針は殺菌済みでした。
バイアルは皮下にメソセラピーで浸透させる仕様だったと思います。
見た感じ、高濃度のアミノ酸という気がします。1バイアルで5千円〜1万円?もしたので・・・
高価なものなので、使い切りたい(顔以外)と思います。
4. Posted by しんちゃん   2009年08月10日 21:46
Kikiさん、こんにちは

注射用のものは特別な殺菌が必要なので、高価ですね。

基本的には5〜10%に薄めて使われたらよいと思います。
さっぱりした化粧水が好みでしたら、5%くらいの配合がよいでしょう。

一番簡単なのは、肌水に混ぜられるか、安い化粧水に混ぜるのがよいです。
この際、濁っているものではなく、透明な化粧水を選んでください。

濁っている化粧水に、アミノ酸を入れすぎるとバランスが崩れてしまい、
油分が分離することがありますので。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
表皮の酸化 その2成分の吸収 その1