舐め皮膚炎クリーンエネルギー

2009年08月31日

バリア破綻の病気

乳児や幼児が指を舐めて出来る舐め皮膚炎は、バリア破綻の一例ですが、
生命に関わるものもあります。

それは、火傷。

火傷は、熱で皮膚が損傷した状態で、当然バリア能力はありません。

大量の水分が体外へ失われるだけでなく、外界にいる菌やウィルスが
火傷部位に殺到し、そこから体内への侵入が始まります。

特に皮膚全層まで火傷で失うと、その面積によっては生命に関わることもあります。

ちなみに火傷患者は10歳未満が圧倒的に多いという特徴がありますので、
幼児、小学生がいる家庭では、注意が必要でしょう。

また、火傷はバリア破綻の極端な例ですが、日常的に起こるものもあります。

たとえば、痒み。

痒みは皮膚を掻くと一旦は治まりますが、皮膚は搔きむしられる事で
皮膚が削られ、バリアが破壊されています。

そうすると、余計に痒みを引き起こす物質の角層透過が促進され、
痒みが増幅するという悪循環に陥ります。

アトピー皮膚炎などがこの例に相当しますが、赤ちゃんや乳児のオムツ皮膚炎も似たようなものです。

オムツ皮膚炎の場合は、尿中のアンモニアなどの刺激物質や細菌などが
掻きむしられて弱まった皮膚やおしっこでふやけ、バリア力の弱まった皮膚へ
侵入することにより、状態が悪化していきます。

湿疹ができると、その部位は確実にバリア力が弱まっているので、
余計に角層透過が進み、湿疹が酷くなっていきます。

こうなるとステロイド剤で炎症や痒みを抑えて、ある程度バリア力を回復させる治療が必要となってきます。

shin_chanz at 00:01│Comments(0) 化粧品 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
舐め皮膚炎クリーンエネルギー