抗菌効果のあるアルコール類BGでの防腐

2009年11月06日

抗菌性のあるアルコール その2

エタノールはごく短時間でも殺菌剤として作用します。
そのため、注射前の皮膚消毒にも使えますが、ヘキサンジオールやペンチレングリコールといった多価アルコールはそこまでの強い殺菌作用はありません。

あくまで緩慢に減らして行くという程度です。
また、ヘキサンジオールは、細菌には結構効くのですが、カビや酵母類に対してはちょっと弱くなります。
すべての菌に同じように効くわけではありませんので、使用には注意が必要です。

ただ、面白いのはエタノールは弱アルカリ側になると殺菌効果が落ちるのに対して、ヘキサンジオールは逆に増加したりと変わった特徴があります。

同じように抗菌性を持っていても使用するpHでその効果は変化しますので、注意が必要です。

一般的には、弱酸性側で効果が強くなるものがほとんどです。

とくにイオン性のものは、その傾向が強くなります。

シャンプーの保存料に使われる安息香酸ナトリウムも酸性が強ければ強いほど効果を増す抗菌剤です。

これは酸性が強くなると、イオンとならないためで、イオン化の割合が低いほど細菌に対する抗菌力のあるタイプが増えて、抗菌効力が増していきます。

ちなみにエタノールの殺菌力は、濃度によっても変化します。
エタノール100%が良いかというとそうではなく水で薄めて70%くらいがちょうど良いとされています。

長らく理由は不明だったのですが、この70%くらいに薄めた方がエタノール分子が細菌に取り付く数が増えて、殺菌力が上がることがわかりました。

エタノール100%の方がエタノールしか存在しないのだから一番細菌に対する接触数が増えると思われがちですが、そうではありません。

意外とエタノールだけだと分子の配列に無駄が生じて細菌に対して接触する数が減るのです。

そして水を30%混ぜると、ちょうどエタノールと水の分子が規則正しく配列し、細菌に対して効率よく接触するようになり、抗菌性を高められるのです。

shin_chanz at 00:01│Comments(2) 化粧品原料 

この記事へのコメント

1. Posted by mina   2009年11月17日 23:22
しんちゃん、こんにちは。
いつも掲示板ではお世話になっています。
10年ほど前に感染症学雑誌(だったと思いますが)にエタノールの殺菌力について検証した論文が載っていて濃度は100%よりも70%の方が殺菌力が高いことが示されていました。きちんと整理して取っておかなかったので、おぼろげな記憶しか残っておらず、ふと気になって思い出してもまた忘れてしまい何故そうなるのか調べることもできませんでしたが、やっと長年の謎が解けました。分子配列の無駄ですか、なるほど!!!とても勉強になりました。
2. Posted by しんちゃん   2009年11月19日 06:37
minaさん、こんにちは

経験的に70%濃度のエタノールが一番殺菌に効果的と知られていましたが、それがなぜかは長らく不明でした。
コンピューターでシュミレーションをして分子配列を求めた結果、皆が納得するような理由がわかったようです。

エタノール濃度を下げてコストも低くなったところで、効果が上がるのですから、実に興味深いと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
抗菌効果のあるアルコール類BGでの防腐