石鹸の大量生産 その3今一度ホルモンとシミについて その2

2010年01月24日

今一度ホルモンとシミについて

女性の頬に良く出来る肝斑というシミ。
日焼け止めを塗らずUV対策などしない男性にはほとんど見かけません。

女性はUV対策を怠ると、このシミが浮き上がりやすくなります。

いまさらながらこのシミの原因は女性ホルモンのアンバランスといわれています。

そのホルモン原因説をしっかり裏付けるのが少女の肝班。

初潮を迎えた少女にも肝班はできます。このぐらいの年齢なら、男の子にはソバカスがあっても肝班はありません。

少女が月経不順になるとこのシミが出現し、まさに女性ホルモンによって引き起こされるシミであることがはっきりします。

ソバカスは遺伝性のシミで、基本的には日光に当たる部分で出現します。

早い場合は、3歳から出現します。
そして思春期にこのシミは濃くなっていきます。
親にソバカスがあると、子供にもソバカスが出来る可能性があり、白人に多いとされています。

メラニンを作る細胞の数は、ソバカスがあるなしに変わりませんが、メラニンの産出は何らかの原因で盛んになっています。

もちろん、ソバカスに対しても美白剤は有効で、日焼け止めも紫外線をカットすることで、ソバカスが濃くなることを防ぎます。

そばかすは優性、劣勢、多因子などの遺伝によって伝達されていき、遺伝要因がなければ、悩むことはありません。

しかし、女性なら必ず肝班に悩む時期が訪れます。
ここがソバカスと肝班との大きな違いです。


shin_chanz at 00:00│Comments(2) 美白 

この記事へのコメント

1. Posted by ayu   2010年01月28日 21:09
しんちゃん、こんにちは。

この記事をを読んだら心配になってきました。

美白ケアは大好きなのですが

もっともっと攻めて行かないと!と感じました。

是非、今考えられるベストな対策とケアをお教え下さい。

お願い致します。


ちなみに
ビタミンc誘導体と甘草エキスは愛用中です。

2. Posted by しんちゃん   2010年01月30日 19:52
ayuさん、こんにちは

しみ予防に特別な対策はなく、基本的には日焼け止めと美白剤の併用しかないです。
美白剤は、これからできるしみを減らす作用もありますし、朝も欠かさずケアしたいところです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
石鹸の大量生産 その3今一度ホルモンとシミについて その2