吸収されにくい油合成系原料が主体の化粧品

2010年02月08日

食物繊維について

ダイエットには食物繊維が強い味方!

ちなみに食物繊維は、ご存知の通り人間の持つ酵素では分解できません。

元々ブドウ糖が連なったりしたもの。
もし、分解できればデンプンと同じカロリー源となります。

しかし、分解できないのは他の動物も一緒。

動物の中でもカロリー源として主に利用する反芻動物は胃の中や腸にいる細菌によって、酢酸やプロピオン酸等に醗酵・分解してエネルギーを吸収します。

以前は食物繊維は吸収されないということで、カロリーゼロと見なされていましたが、人間の腸内でも醗酵され、酢酸等で分解吸収されることがわかり多少ですが、カロリーがあると考えられています。

ちなみに食物繊維は、水に溶ける可溶性ものと水に溶けない不溶性の二通りに分かれます。

たとえば、シャキシャキとした食感の野菜などはセルロース等の不溶性食物繊維から出来上がっていますが、お通じをよくするという効果があります。
繊維質が多いと、腸を通過するときに水分を保持しながら通過することができ、柔らかい便になるというメリットがあります。

こうした繊維質が多い食事は大腸がん予防や糖尿病予防にもなり、大腸機能をアップさせます。

一方、果物に含まれるペクチンなどの可溶性食物繊維。ジャムは可溶性食物繊維を利用したものですが、可溶性食物繊維の特徴は胃が空になることを遅らせて、さらには血糖値の上昇も遅らせます。

この血糖の上昇を遅らせるというのは、結構重要で血糖値上昇による食欲刺激も低下させます。

つまり、ダイエットには強い味方になるわけです。
ダイエット食品のシェイクなどによく食物性繊維が使われていますが、腹持ちを良くして食欲刺激を抑えるという効果により採用が進んでいます。

shin_chanz at 00:01│Comments(0) ダイエット 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
吸収されにくい油合成系原料が主体の化粧品