オイルに溶けた粒子紫外線とビタミンC誘導体

2010年09月08日

落ちにくい口紅と油脂

チョコレートの分析で植物油とチョコレートを混ぜることで、砂糖の粒子がわかるようになると書きました。

化粧品でも過剰の油脂が問題になることがあります。
一番わかりやすいのは口紅。

口紅は植物油と色素もしくは顔料をワックスで固めたもの。

口紅が落ちやすいのは油脂が多く含まれる食事をしたとき落ちやすくなります。
理由は口紅のワックス成分や油脂が食事に含まれる油脂と簡単に混ざり合うため、口紅が落ちてしまうからです。

落ちない口紅というのは、シリコーンを使ったもの、海藻成分を使ったものなど色々ありますが、共通しているのは油に溶けない素材を口紅の基材としていることです。

口紅を塗った後、口紅の表面にシリコーンポリマーの膜ができて、油脂が口紅についても混ざらなくしたりしています。海藻成分を使う際も同様に海藻成分のゲルの中に色素を分散させることで、食事に含まれる油分と口紅の色素を触れさせないことで、落ちにくい口紅としています。

口紅の上に塗るコーティング剤についても同じような考えた方でシリコーンポリマーで皮膜することで、油脂との接触を絶って、口紅を落ちにくくしています。
シリコーンポリマーは屈折率を変えることも可能で、いつまでもみずみずしい口元を演出するのに役立っています。

shin_chanz at 00:01│Comments(0) 化粧品 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
オイルに溶けた粒子紫外線とビタミンC誘導体