妊娠とビタミン その3妊娠線への対策

2010年10月18日

妊娠線について

妊娠でお腹が大きく膨らむ方や体型があまり変わらない方など、色々なパターンがあります。

一般的には大きく体型が変わる方が多いでしょう。

このとき出現して問題になるのが妊娠線。

コラーゲンはおなかを覆っているたんぱく質の繊維です。
たとえば、女性が履く、足を覆っているストッキングのようなものでしょうか。
急激にお腹が膨らんでいくと、おなかを覆っているこのコラーゲン繊維の合成が追いつかないと、コラーゲン繊維が断裂してしまいます。

お腹の成長と皮膚のコラーゲン繊維の膨張スピードが同じ程度ならこのようなことは起こりませんが、連携が悪いとお腹の膨張が早く、これがコラーゲン繊維の断裂を起こし、妊娠線という形で姿を表します。

コラーゲン繊維は破れてもすぐに修復されます。
ただし、審美的な視点は一切関係なく、速やかに修復するため、段違いなど関係なく、つないでいきます。

本来は破れた部分を丁寧に縫い合わせるのが良いと思いますが、それよりコラーゲンが破れると中の内臓を守る層がやわらかい脂肪組織しかありませんので、悠長に構えているわけにはいきません。

破れたところはコラーゲン合成が促され、ケロイドのように皮膚が盛り上がることもあり、こうしてできた妊娠腺は消えることがありません。

妊娠以外でも急に太ると内臓脂肪の増加に上から張りついているコラーゲン繊維の合成が追いつかずやはり破れてしまい、妊娠線が出現します。

また、コラーゲンが部分的に作られすぎた状態のため、たとえ痩せてもコラーゲン繊維が元に戻ることはありません。

体内の修復機構が発現したものが妊娠線とお考えください。

shin_chanz at 00:01│Comments(4) 化粧品 

この記事へのコメント

1. Posted by アイノティー   2010年10月18日 06:33
ビキニが着れなくなるというより、
一生消えない跡が残る、
というのが怖いです。
動物は何匹も産むのに
妊娠線は見られませんよね。
うらやましいです。
伸縮性があるのかなぁーーー??
2. Posted by しんちゃん   2010年10月18日 19:53
アイノティーさん、こんにちは

妊娠線が出るかでないかは、個人差がありますし、動物でもやはり出るものは出ると思います。
動物の場合は、毛が生えて目立ちにくいですし、この差も大きいかと。
3. Posted by ニコ   2010年10月18日 23:51
よく、妊娠線の予防クリームを見かけるのですが

妊娠線がそういった状態で出来るものなら

クリームをぬっても予防効果はないのでしょうか?
4. Posted by しんちゃん   2010年10月19日 20:24
ニコさん、こんにちは

妊娠線は内側から裂けてできる傷です。
皮膚の外側から裂けるわけではないので、保湿成分しか入っていないようなクリームは使っても気休めにもなりません。

内側から裂けないように働きかけるものが入っていないと意味ないでしょう。
ビタミンC誘導体なら、5%以上入っていれば、「ビタミンC誘導体5%配合」のように記載されているでしょうし、そういうものを選択されることをお勧めします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
妊娠とビタミン その3妊娠線への対策