ビタミンEパウダー その2オイルゲル

2010年11月25日

ビタミンEパウダー その3

ルールその3

パワーモイスチャーは同時に配合できない。アミノ酸エッセンスも5%(化粧水100mlに対してアミノ酸エッセンス5ml)まで。

パワーモイスチャーを配合すると、どうしても沈殿が生じます。
これはビタミンEパウダーに影響を及ぼし、水に溶ける性質が失われるからです。

この沈殿を回避する術はありますが、別の原料が必要となるため、最初から一緒に配合しない方がましです。
アミノ酸エッセンスも濃度が高いとビタミンEパウダーを沈殿させる可能性があります。

ただ、ヒアルロン酸でもモイストパウダーは何の影響もありません。


ルールその4

ビタミンEパウダーの溶解には一晩かける。
すぐに溶解しません。気長に待ってもらう必要があります。
高速ミキサーならすばやく溶解しますが、振っただけではすぐにダマになってしまいそのダマが消えるには一晩かかります。


色々と手間がかかり、ビタミンEパウダーは上級者向けとなりますが、保湿力が肌実感できるほど、しっかりあること、肌荒れ防止作用が強いという点があって、使いこなせれば面白い原料です。

ただ、高濃度で溶かすのは難しいので無理をしない濃度で使っていただく必要があります。

なお、他のビタミンE誘導体との違いは、水溶性であること、肌への浸透性が格段に上がっていること、ニキビの赤みを減らす効果があること、保湿力があること、抗炎症作用が強いことでしょうか。

ヒアルロン酸の代替としても使える保湿力は手間を引いても魅力かと思います。

また、ディープホワイトパウダーはアミノ酸エッセンスとビタミンEパウダーと組み合わせることで、増粘させることが出来ます。
ディープホワイトパウダーは1~3%くらいで増粘し、どろっとした液状となります。肌につけた瞬間にゲルが消えて、化粧水となる面白い感触の化粧液となります。
ビタミンC誘導体を増粘させたい方にはお勧めです。

トゥヴェールで3g(化粧水300~400ml)で2480円で11月末に発売予定となります。

shin_chanz at 22:01│Comments(12) 化粧品 

この記事へのコメント

1. Posted by Myrrh   2010年11月26日 17:00
はじめまして。いつも参考にさせていただいてます。
このビタミンEパウダーというのはトコフェリルリン酸Naのことでしょうか?
以前入手した際にアルコール入りのウィッチヘーゼル水に溶かして見事に失敗したことを思い出しました。
当然の結果だったようですね。
2. Posted by パラ   2010年11月26日 17:52
こんにちは
早速使いたいですがパワーモイスチャーを購入したばかりでローションで使えそうにないので、、、
塗る直前にVHC-100と混ぜて使う方法は可能でしょうか??
3. Posted by しんちゃん   2010年11月27日 11:09
Myrrhさん、こんにちは

主成分はトコフェリルリン酸Naです。
弱酸性には溶けませんので、色々と制限がありますが、使いこなすと面白い素材だと思います。
4. Posted by しんちゃん   2010年11月27日 11:11
バラさん、こんにちは

VCH-100とは混ぜれないです。
水に溶かして使っていただく必要があります。
そのため、せっかくですがパワーモイスチャーが無くなったら、次に試されたらどうでしょうか。
5. Posted by maron   2010年11月27日 15:53
5 いつも本当に参考になる情報をありがとうございます。使うのが難しそうですが早く試してみたいです。
トゥヴェールさんでは健康食品の中にビタミンCなどは無いのですね…信頼出来るメーカーさんのを飲みたかったのでいつの日か販売されないかなぁと期待したりしてます…。
6. Posted by manon   2010年12月01日 21:45
こんにちは

今日ビタミンEパウダーが届いたのですが、なにやらコツが要りそうなのでこのブログで勉強中です。

弱酸性の成分とは併用できないとのことですが、リペアエッセンスとの併用は可能でしょうか?
水溶性なので、一緒に混ぜられたら便利そうなのですが…
7. Posted by しんちゃん   2010年12月02日 16:59
manonさん、こんにちは

リペアエッセンスは一緒に混ぜれますので、ご安心ください。
8. Posted by ナナ   2010年12月02日 20:44
5 いつも楽しく拝見しています。
ビタミンEパウダー、早速購入しました!ブライトニングパウダーと併用するつもりで只今溶解中で、とても楽しみです。
これに新しいヒアルロン酸とラフィノースは一緒に使えますでしょうか?またブライトニングパウダーは何%が望ましいですか?アミノ酸エッセンスは既に添加済みです(3%)。
どうぞよろしくお願いいたします。
9. Posted by しんちゃん   2010年12月03日 12:28
ナナさん、こんにちは

吸着型ヒアルロン酸原液とラフィノースは一緒に使えます。
配合量はラフィノースは2%以下、吸着型ヒアルロン酸は5%までにしてください。

ブライトニングパウダーは3%までなら、とろみがつきます。
もし、さらさらのタイプをお望みでしたら、5%程度がよいでしょう。
3%程度で使うのも面白いと思います。

10. Posted by ユキ   2010年12月04日 11:07
美容に関する情報、興味深く拝見しております。
さて、ビタミンEパウダーは弱酸性の化粧水と混合できないとのことですが、ユキノシタやクジンなどの生薬化粧水とは混合できないのでしょうか。
11. Posted by しんちゃん   2010年12月05日 08:05
ユキさん、こんにちは

生薬化粧水とも混合できますが、エキスは3%以下が望ましいです。
これ以上配合すると溶けないこともあります。
12. Posted by ナナ   2010年12月05日 12:38
5 ありがとうございました。ブライトニングパウダー3%で作ってみました。意外ととろみはでませんでしたが、しっとり馴染む感じが素晴らしいです!今度は5%で試してみたいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ビタミンEパウダー その2オイルゲル