オイルゲルクリームの寿命 その2

2010年11月30日

クリームの寿命

手作りでクリームを作る場合、色々と問題点が生じます。

ひとつは界面活性剤と油分との割合。

本来は、油に対して界面活性剤の割合が少なければ少ないほどいいに決まっています。
また、界面活性剤も油や水に溶けないものが理想的。
油にも水にも溶けないなら、どうやって乳化するということを思われるかもしれませんが、油にも水にも溶けない場合、油と水の境界面のみに存在することになります。

つまり、油や水に溶けると、乳化に使う以外にも油や水に飽和して溶ける必要があるため、無駄な乳化剤の量が必要となります。
しかし、油にも水にも溶けないとなると、こういった無駄な乳化剤の量が減らすことができ、低資源化できそうです。

ただ、現在のところ、油にも水にも溶けない乳化剤というのは、ほとんどありません。

どちらか一方、油のみに溶けるもの、水のみに溶けるものが使われています。

手作り化粧品用の乳化剤に使われるのは水のみに溶けるものが多いです。
恐らく簡便さを考慮してのことでしょう。

油に溶ける乳化剤の場合、60℃以上で、油と乳化剤を混ぜて均一にしながら、水を少量ずつ入れて乳化するという方法をとります。
結構手間で、温度制御も必要ですし、常温で乳化というのは、難しいです。

その点、乳化ワックスなどはワックスを溶かせば乳化することができ、簡便ではありますが、その分乳化剤の量が多くなるというデメリットがあります。

乳化というのは、プロでも失敗することも多く、界面活性剤を減らして作ろうとするとそのような傾向になりがちです。

shin_chanz at 22:16│Comments(0) 乳化と分散 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
オイルゲルクリームの寿命 その2