最近のレーザー治療1足のむくみ

2011年01月27日

最近のレーザー治療2

レーザーも色々ありますが、最近増えてきたのがしみだけではなく、毛穴の改善やたるみ、しわの改善を行う炭酸ガスレーザーです。

こちらは赤外線を照射して治療を施します。
赤外線は冬場のコタツやハロゲンヒーターなどで使用する光線ですが、高出力の赤外線を当てることで、コラーゲン合成等を促します。

こちらもしみとりのレーザーと同様に細胞を殺します。
主に水分に吸収されて、熱を発生させます。
水に吸収されるため、広範囲の細胞へ影響を与えるのが特徴です。

目尻のしわや法令線に対しても多少は効果がでるレーザーで、しみとりのレーザーほどきつくないため、皮膚の細胞をそれほど多く傷つけないのが特徴です。

しみとりのレーザーはエネルギーが強すぎて、あざを残す可能性ありますが、こちらはそのあざを残す可能性は低くなっています。

どちらかというと老化現象に対して、抵抗するために使われます。

また、レーザー以外にもIPLというものがあります。

こちらも光線で可視光線という蛍光灯より強めのライトを使います。
使う波長は蛍光灯で代用できそうですが、蛍光灯では出力が弱すぎて代用はできません。

何せしみをつくる細胞がレーザーと同様に、この光線が当たると細胞の中から熱が溢れ出てきて周りの細胞と一緒に死んでしまうほどです。

いくら蛍光灯に当たっても火傷はしませんが、こちらは当たりすぎると火傷することもあります。

ただ、レーザーに比べてると、光の力はかなり弱く、レーザーなら1回で済むものが、5回も6回も光を照射しないと同じような効果はありません。
しかし、火傷したような状態になりにくいので、毎日オフィスへ出勤しなければならないOLさんなどには、周囲に光治療をしていることを悟られず肌を改善できますので、出力の弱さはメリットにもつながります。

shin_chanz at 20:23│Comments(2) 美容外科 

この記事へのコメント

1. Posted by みけねこ   2011年02月03日 11:06
しんちゃんさん、こんにちは。
レーザー経験者です。
(脱毛も経験ありますが(^^;)
2年前に「pearl」というお肌の入替レーザーを5回照射しました。
私の場合は、赤ら顔・毛穴の開きの改善の為でした。
正規料金は1回10数万らしいですが、行っていた美容皮膚科がテスト照射の為借りていたので、5回で20万ほどでした。
(安いのか、高いのか。。。)
麻酔クリームを塗っても結構痛くて赤みもすごいので、木曜施術金曜は休みを取り土日は引きこもり、でしのぎました。
1週間すると日焼け後の肌のように薄皮がむけてきて、ちょっと汚い人になってました。
ひと月ほどは角栓も出来ず、そんなところに感激してました(苦笑)
しばらくすると元に戻るし、自分の顔は毎日見ているせいか目に見えてここが変わった!、というのは実感できず、かかった費用は「勉強代」かー、くらいにしか思っていなかったのですが。。。
(あ、でも、大して気にしてなかった1cmくらいの薄いシミが2mmくらいのそばかす程度のものになっていたので、やはり効果はあるんだなと思いました!)
去年、「前より顔色がよくなった(赤ら顔じゃなくなった)ねー」と言われ、すっぴんを気をつけてみてみると、確かに赤みが少なくなっていました。
そういえば、赤みやシミなどの「色味」的なものは比較的改善されやすいけど、シワ・毛穴などの「形状」は根気よくやっていかないと、みたいな説明をされたことを思い出しました。
もっと先になって、歳の割にシワが少なくて「20万は安かったわ」と思うことがあるといいなぁ、と思います(笑)
2. Posted by しんちゃん   2011年02月04日 10:38
みけねこさん、こんにちは

レーザーは痛いですよね。
表面麻酔をしますが、気休めにしかなりません。
コラーゲンやヒアルロン酸注射もそうですが、無痛治療ができる皮膚科医が出てきたら、そこはかなり儲けるじゃないかと思っています(笑)

ただ、シミに効くのは、レーザーの方が早いですし、そこは化粧品よりはるかに優れていると思います。

一方、シワ対策だと、組織を壊して再生させるのが基本となりますので、肌にも負担が大きいし、痛いけど、コラーゲンを注射で入れてしまうのが早いのかなと思います。

いずれにしろ、肌を維持するには、コストが掛かりすぎるのが難点です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最近のレーザー治療1足のむくみ