血管の老化 その2「ご挨拶」 美容愛好家Mさん 

2011年02月17日

スリミング

少し前に香りで痩せるという仕掛けを大手メーカーが試みました。

しかし、今のところ、根付いた感はありません。

香りによるスリミングというのは、交感神経活動を高めることにより、脂肪細胞での中性脂肪や熱生産の促進によって、エネルギー消費が増えることで行います。

高揚感のある香りが、気分だけではなく、体の細胞にも影響を与えるということでしょうか。

グレープフルーツやペッパー、フェンネルがその代表例です。

これらの精油が交感神経活動に作用し、グレープフルーツは食べる量も減らすという面白い効果があります。

これによって体重増加が抑えられたことで、痩せる化粧品の発売が大々的に行われました。

昔はディオールなどが、カフェインを配合して、同じように脂肪細胞に働きかけるというのを15から20年くらい前に発売していましたが、こちらは余り成功とは言えませんでした。

そもそもカフェインが薬効を発揮するには皮下脂肪層まで到達する必要があり、現実的ではありません。

皮下脂肪まで到達すれば、抗肥満効果があるのは、カフェインのほかにフラーレンがありますが、こちらも皮下脂肪層まで到達するのは困難です。

しかし、香りで痩せるというのは、鼻から吸収された香気成分が全身に拡散して効果を発揮するものなので、アプローチとしては面白いかもしれません。

あの化粧品を使った人はどれだけ効果があったのか、追跡調査の結果があればと思います。

お菓子にどうしても手が伸びてしまうという方には、グレープフルーツの香りを部屋に漂わせてはどうでしょうか。
もしくは、お気に入りの精油にグレープフルーツの精油をブレンドするというのもありかと。

苦しい思いをせず、食欲をコントロールしてダイエット出来るのなら、楽でいいと思います。

さて、来週から1週間、美容愛好家のMさんにこのブログへ寄稿していただいたので、掲載を開始します。
毎月 1週間の予定で、Mさんに色々書いていただこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

shin_chanz at 19:35│Comments(0) ダイエット 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
血管の老化 その2「ご挨拶」 美容愛好家Mさん