スリミング「化粧品作り」 美容愛好家Mさん

2011年02月20日

「ご挨拶」 美容愛好家Mさん 

はじめまして、こんにちは!
美容愛好家のMと申します。
ご縁があって、このブログに仲間入りさせていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いします。

ご挨拶するのに肩書きを迷ったあげく、“美容愛好家”としましたが、
化粧品やエステ、クリニックなど、ビューティにまつわるあらゆることをこよなく愛し、そして伝えることをお仕事にさせていただいています。

そんな職業柄、化粧品の開発・研究者やお医者様、エステティシャンなど、専門家の方々にお話をうかがう機会も多々あるものの、まだまだ勉強することばかり。
化粧品の成分やメカニズムなど、専門的なことはしんちゃんにお任せして、私は身近なビューティをゆるい感じでお伝えしていけたらと思います。

引き続き私事ですが、今のお仕事に就く前は、化粧品メーカーで商品開発を担当していました。
どんな風にして化粧品が誕生するのかざっくりまとめると、
まず、どんなニーズがあるか(隠れているか)を調査・分析し、その結果をもとにコンセプトを立案。
それを伝えて、化粧品の中身を作る研究者さん、中身の形状や性質に合わせて容器を調達する資材の担当者さん、パッケージを考えるデザイナーさん、商品の説明書や広告などの表現を考えるコピーライターさんに、「こんな商品が作りたいんです!」と一斉に依頼します。

そこから、それぞれの担当者とやりとりを繰り返し、「まだですかぁ?」とお尻を叩きながらスケジュールを調整。
上がってきた完成品をモニターテストにかけて合格したら(安全性や効果が確認できて、気に入ってもらえたら)、細々とした手続きを経て、めでたく発売です!
多少の違いはあっても、商品づくりはどれもこんな感じでしょうか。
見かけは小さな化粧品でも、たくさんの担当の人たちに支えられて生まれてくるんです。


shin_chanz at 19:11│Comments(0) 美容愛好家 Mさん 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スリミング「化粧品作り」 美容愛好家Mさん