ノンシリコンシャンプー化粧品の容器

2011年11月10日

合成サファイア

ミネラルファンデーション用の原料で、昨年からドイツの化学会社が販売している原料に合成サファイアがあります。

成分名称も「合成サファイア」なので、「ダイヤモンド」に並んで結構いけるんじゃないかなと勝手に思っていましたが、あまり採用が進んでいません。

合成サファイアはマイカのようなもので、透明感とつや感、また、使用感が良いという特徴があります。

マイカより上でタルクより下という感じでしょうか。
ただ、タルクがダメな企業は使えそうなのですが、この「合成」が成分名の前につくせいなのか、これだけミネラルファンデーションが出ているのに採用している企業は見かけません。

合成と名のつくものには、合成金雲母という人工合成したマイカがあるのですが、こちらは様々な化粧品会社に採用されています。

マイカは皮脂を吸うと屈折率が変わり、見た目が変わるため、それが化粧崩れが起こったと認識されます。

肌の上にマイカが乗っているのですが、お化粧を仕上げた時に比べて、屈折率の変化により、透明感が変化するためで、これを防ぐために合成金雲母が使われます。
合成金雲母は、皮脂を吸っても屈折率の変化がないため、化粧崩れを実感しにくいという特徴があります。

合成サファイアについても同様に化粧崩れが起こりにくい特徴を持っています。
また、マイカほど艶が強くなく、ほどよいマット感も特徴のひとつ。

マットに仕上げるファンデーションには面白い成分だと思います。
大手メーカーが採用したら、一気に広がるのかもしれませんが、サファイアという成分名が表示できるだけに、注目しています。

shin_chanz at 20:07│Comments(0) ミネラルファンデーション(MMU) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ノンシリコンシャンプー化粧品の容器