容器デザインの変更年末年始の肌環境 2

2011年12月22日

年末年始の肌環境 1

いよいよ今年も終わりですね。
いつもの仕事に加えて、年賀状の準備や大掃除など、
新年を迎える準備に追われるところに、宴会なども加わって、
年末は何かと気ぜわしいもの。
バタバタと忙しくて、ゆっくり肌に手をかける暇もありませんよね。

でも、そんな時こそ肌はダメージを受けやすいんです。
しかも、やっかいなことに、
忙しさから緊張状態が続く年末にはそのダメージは現れにくく、
年が明けて、ほっとリラックスした副交感優位になってから
ドッと疲れが出てくることが多いんです。
お正月早々肌荒れなんて、がっかりですよね。

乾燥が激しいこの時期、とにかく保湿が欠かせないのはご存知の通り。
その上で、忙しい中、過度にお手入れする必要はありませんが、
年末年始ならではの困った肌環境を知って、
最低限のケアだけは忘れないように気をつけてください。


まず最初に注意すべきは、大掃除。
クセモノ、ほこりに要注意です。
本当は触れたくもないのですが、掃除だけにそうもいきません。
ほこりの中には、様々な雑菌やダニがいっぱい。
いわば、アレルギー物質の固まりのようなものですから、
体はもとより、肌にも悪いのは間違いありません。
しかも、肌が乾燥していたり、バリア機能が低下していたりすると、
そんな異物も侵入しやすいので、かゆみや湿疹が起こりやすくなります。
逆に、肌の上にピタッとついたままだと、
毛穴が詰まったり、最近が繁殖したり、
と、とにかく悪いことだらけです。
まずは、掃除する際には、マスクをしたり、メガネをかけたり、
なるべく肌をガードすることが大事。
できれば髪も、束ねたり、帽子やバンダナで覆っておくのが理想的です。
そして、掃除が終わったら、なるべく早く洗顔を。
ほこりをしっかり流して、肌をリセットしましょう。


shin_chanz at 20:28│Comments(0) 美容愛好家 Mさん 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
容器デザインの変更年末年始の肌環境 2