2012年01月12日

加水分解タンパク質 その1

加水分解タンパク質と聞くと、合成界面活性剤と思う人が増えてきました。

変な本の影響でしょうか。

それは、正しい部分もありますが、間違っている部分が多いです。

ちなみに加水分解とは、水を使って分解すること。

生体内の成分というのは、形を作るために大きな分子のものが作られます。
たとえば、皮膚などがその一例です。
皮膚を作るタンパク質はアミノ酸から出来ていますが、このたんぱく質を分解して元のアミノ酸に戻すときは、加水分解という手順を踏まえます。

水を強制的にタンパク質へプラスすることで、アミノ酸同士の結合が弱まり、ばらばらに分解していきます。

加水分解で分解するものはタンパク質には限りません。
植物オイルなども水で分解できますし、デンプンなども水で分解することが可能です。

たとえば、デンプンそのものは、甘くありませんが、加水分解すると、甘い糖になります。

料理などでは、植物が体内持つ自己消化酵素を利用して、甘さを際立たせたりすることができます。

焼き芋はその代表例でしょうか。酵素が働く温度に芋を温めることで、デンプンを加水分解することで、芋に甘みを持たせます。

人間の体では、コラーゲンにしても、ヒアルロン酸にしても古いものを壊して新しいものを作るという再生サイクルが働いていますが、このときに活躍しているのが、それぞれの成分を加水分解する酵素となります。


shin_chanz at 20:50│Comments(1)化粧品 

この記事へのコメント

1. Posted by 美白口コミブログ   2015年10月27日 15:52
こんにちは、美白口コミブログというブログをやっているものです。http://blog.livedoor.jp/bihadakuchikomi/

ただいま当ブログでは弊社医療機関向け化粧品SHQ-1ハイドロキノン5%配合シードクリームの無料サンプルを配布し

ております。

興味があれば一度遊びに来て下さい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字